(すぅじぃず・にゅうす)
suziesnews.exblog.jp
Top
女性専用車両に乗る?
2005年 05月 19日 *
地下鉄に乗った。最後尾の車両。窓に「女性専用車」というステッカーが貼ってあった。

おお、ここは女性専用車なのか! 

と思ったが、男もたくさん乗っていた。専用になるのは、朝7時30分~9時30分までの通勤時間帯のみ。もっとも乗ったのは千代田線で、この路線には導入されてないから、小田急線から乗り入れている車両だったらしい。

5月9日の連休明けから導入されたが、車内はどんな雰囲気なのだろう? 化粧はするわ、モノは食うわで、女子高状態?というのは、どうもデマらしい(そんなこと、男がいようといまいとやってるがな)。

これって、歳は関係ないんだよね。オババも乗れるんだよね。香水香る濃ゆい雰囲気!? どうも、女性専用車両というと、若い子ばっかりのイメージなのは、どうしてだ?

男性が乗りそうになると、係員が「ここは女性専用車両です」と案内するそうだが、女装したきれいなおニイさんを見破ることはできるのだろうか。オカマさんはどうなる?

一方男性の反応は? 「痴漢えん罪被害者救済ネットワーク」の代表は歓迎の意思表示。そもそもは、痴漢被害から女性を守るための設けた、という経緯からすれば当然か。

しかし、反対する動きもある。「女性専用車両に反対する会関東支部」なるところでは、導入に異議を唱えている(関西もあるっていうことね)。「女性専用車両は男性差別」という主張なんだそうな。

だったら、男性専用車両をつくるってのはどお? う~ん、その手の趣味の人がたくさん乗りそう……偏見か。目下のところ、賛同者5人程度としょぼい規模。そんなに広がりは望めない気がする。

「男はみな痴漢と思われているようで愉快じゃないが、仕方ない」―― これが多くの男性の本音なのでは。

電車の痴漢というのは、日本にしかないっていうけど、それはギュー詰め激混雑の満員電車が、日本特有のものだからだろう(だいたい海外は痴漢なんてのじゃすまないとか)。混雑を緩和しない限り、被害はなくならないはずだ。

でも、混雑の緩和って、単に電車を増発すればいいという単純なことではなく、出勤時間とか、遠距離通勤とか、生き方の問題にも通じること。

となると、一鉄道会社が、そんなことまで取り組めまっしぇん、でとりあえず、女性専用車両でもつくっておけばいいかに、落ち着くのかも。個人的には悪くはないと思うけどね。

今は試行期間だそうで、この先どうなるんでしょうか。こんな早い時間帯に電車に乗ることは、よほどのことがない限りないだろうから、体験することはないかも。

でも、一度は乗車してみたいものです。ネタづくりのために早起きするか!?
[PR]
by Suzie(すぅじぃ) by cafesuzie | 2005-05-19 23:14 | ニュース *
<< 日本の出生率を上げるには? ページトップ 庭木の伐採デー >>
The Original Skin by Sun&Moon