(すぅじぃず・にゅうす)
suziesnews.exblog.jp
Top
「残雪が残る」
2005年 05月 24日 *
今日も夕立。昨日ほどではないが、帰宅途中の人は大変だったでしょうね。明日も傘は携帯した方がいいそうだ。

どうでもいいこと、ひとつ。今しがたNHKのニュースを聞いていた。最後にアナウンサーが一言。

「先ほど尾瀬の山開きのニュースで、『残雪が残る』と重なった表現を使ってしまいました。正しくは『雪が残る』でした」と訂正した。

く~バカ~! 

重複表現を使ったことに対していってるのではない。そんなことをわざわざ訂正するバカバカしさにいうのだ。

「残雪が残る」は確かに表現としては、正しくはない。書けば陳腐さは、一目瞭然。私もライターの端くれだから、こうゆう表現は、みっともないので使いたくない。

しかし、重複表現は気をつけていても、ついやってしまう。「頭痛が痛い」とか。校正を読んでいても、サーッと読み流して、そのまま通ってしまうこともある。

ましてや、音として耳から入った場合は、ほとんど違和感なく、スルーしてしまう。事実、私はそのアナウンスを聞いていたが、ぜんぜん気がつかなかったもの。

でも、視聴者の中には、アナウンサーの言葉を全身を耳にして聞き、間違ったことをいおうものなら、すぐにクレームをつけようと、電話の前で待ち構えているクレージーウォッチャーがいるのかもしれない。世の中にはアフォらしいことに、エネルギーを燃やすヒマ人っているんだよな。

そんなクレージーウォッチャーから、番組中にさっそくご指摘のお電話をいただいたのだろうか。「公共放送たるもの、間違った表現を使ってはならぬ~!」って。

あ~どっちがアフォだか。「雪が残る」ということを、「残雪が残る」といったところで、誰も不利益も生じないし、傷つくわけじゃない。

NHKもNHKだ。多くの人がスルーして聞き流した言葉を、ワザワザ最後にお詫びするなんて。そんな瑣末なことさえ、許されないのか。別にNHKは好きじゃないけど、バツの悪そうなアナウンサーの顔を見て、哀れになった。

だから、日本社会は窮屈だって、外人からいわれるんだよ。許してやれよ、「残雪が残る」くらい。

ついでにもうひとつ、どうでもいいニュースみっけ。

ペコちゃん誘拐犯に5年半の有罪判決

これをロイターが、世界に発信したというところがすごい。そんなにニュースバリューのあるものなのか。それともペコちゃんて、海外でも有名人だったりして!?
[PR]
by Suzie(すぅじぃ) by cafesuzie | 2005-05-24 20:40 | ニュース *
<< 救急救命講習 ページトップ カラダにいいこと >>
The Original Skin by Sun&Moon