(すぅじぃず・にゅうす)
suziesnews.exblog.jp
Top
福田和子受刑者の哀れな末路
2005年 08月 26日 *
台風は予想より東寄りの進路を通ったために、雨風ともそれほど激しくなかった。

雨戸を立てて、家にこもって身構えていたわりには、拍子抜けするほど、あっさりしていた。もちろん被害が最小限ですんで、よかったんだけど。

それにしても、台風11号が去ったら、秋の空気に入れ替わるはず!と信じた私は、バカでした。今日は台風前より暑かった。猛暑復活! それも湿度ねっとりの、息苦しい暑さだった。

もう熱風はいらない。秋風が恋しい。吹くのは懐にばかりなり。

ニュースをチェックしていたら、こんな↓トピックが。

<松山ホステス殺害事件>服役中の福田和子受刑者が死亡 | Excite エキサイト : ニュース

「福田和子」懐かしい名前。かつてワイドショーをにぎわした女だ。

ホステスを殺害した容疑だったこの女、時効が迫り、情報提供者に懸賞金を出すと話題をまいた。

ワイドショーがそのネタに飛びついて、総力をあげて、放送した効果もあって、時効寸前で逮捕された。

あちこちを転々とし、身元が割れないように、働いても保険証をつくらず、整形して顔を変え、息をこらして時効成立を待っていたという。

逮捕後の消息は、ほとんど知らなかったが、無期懲役の判決が確定し、刑に服していたらしい。しかし、あっけなく脳梗塞で死去していた。それも3月のこと。享年57歳だったそう。

この人の人生って何? 罪を犯して、後半生を逃亡に費やし、最後は日本人女性の平均余命まで30年近くを残して、早世した(といっていいだろう)。

早々自首すれば刑期を終えられていたかもしれない。むろん、殺人など犯さなければ、まったく違う人生を送れたはずだ。

なんだか、哀れな気がする。果たして彼女は天国へ旅立ったのか、地獄なのか。行き先は誰にもわからない。合掌。
 
[PR]
by Suzie(すぅじぃ) by cafesuzie | 2005-08-26 20:28 | ニュース *
<< 駒大苫小牧問題決着 ページトップ 台風北上中 >>
The Original Skin by Sun&Moon