(すぅじぃず・にゅうす)
suziesnews.exblog.jp
Top
犬づくこの頃
2005年 11月 08日 *
相変わらず、料理不精してます。今日はコンビニの玄米弁当。コンビにも最近はヘルシーメニューがおいてあるので、助かる。

外を歩いていたら、突然、犬にからまれた。とある家からデカい犬が飛び出してきて、私のバッグをめがけて、突進してきたのだ。

キャア!いや、声こそ出なかったが、いきなりデカい犬にまとわりつかれ、真っ青。なぜかとっさに「ごめんなさい」と謝る私。なんでや? すぐに飼い主が出てきて、そちらへ戻ったが、怖かったよ~。

散歩に連れて行こうとして、首輪をはずした隙に逃げたらしい。まったく、かまれたらどうすんのよ! 

このところ犬づいている。先日、麻薬探知犬の訓練センターにおジャマした。広大な訓練センターで、適性を見極められた犬が訓練を受けている。

麻薬探知犬には、2種類のタイプがあるという。アグレッシブとパッシブだ。そのまま訳せば、アグレッシブは攻撃的、パッシブは受動的。ブツを見つけると、ひっかいて教えるのが、アグレッシブで、その場に座って教えるのが、パッシブである。

デモンストレーションを見せていただいた。10個くらいのダンボールの中に、麻薬の臭いをしみこませたタオルを入れておく。

探知犬は、一通り嗅ぎまわって、問題のダンボールを激しく引っかき始めた。おみごと! これはアグレッシブ。パッシブはおとなしくペタンと座った。可愛いし、賢そうで凛々しい。よく訓練されたこういうワンコなら飼ってもいいか。甘いか。

犬種はゴールデン・リトリバー、ラブラドール・リトリバー、ジャーマン・シェパードの3種。シェパードが一番賢そうだが、今は数少ないそうだ。

このワンコたちとペアを組むのが、ハンドラーと呼ばれるパートナーだ。取材はこのハンドラーだったのだが、主役はワンコだったりして。

麻薬の密輸が増えている今、麻薬探知ワンコ、ますます活躍しそう。がんばってね。
[PR]
by Suzie(すぅじぃ) by cafesuzie | 2005-11-08 22:41 | その他 *
<< 栗どらの季節 ページトップ 料理不精 >>
The Original Skin by Sun&Moon