(すぅじぃず・にゅうす)
suziesnews.exblog.jp
Top
京都奈良買い食いみやげ②
2005年 11月 19日 *
結局、今週いっぱい京都奈良旅行を引きずってしまったが、これで最後なので許して。では、はりきって行きましょう!

粟餅所澤屋
b0037223_2311810.jpg北野天満宮前にある粟餅の店。実はここ前回京都へ来たときに、タイムアウトで、どうしても来られなかったところで、心残りその1である。

やっと来ました。創業天和2年(1682年)という老舗の茶店で、扱うは粟餅きり。テイクアウトもできるが、日持ちは当日のみなので、その場でいただくことにする。

きな粉とこしあんの粟餅。意外と小さい。んっん~、餅には味はないようだが、食感がヤワヤワしてておいしい。こしあんが苦手な私は、きな粉が気にいった。2年越しにありつけた粟餅。かみ締めるようにいただきました。ふ~満足。一皿510円。

少し戻って上七軒を歩く。上七軒とは、天満宮造営のとき、余った木材で7軒の茶店を建てたことに由来するらしい。400mほどの通りに格子造りのお茶屋が並び、粋な風情の町並みが続く。

天神堂のやきもち
b0037223_2325181.jpgその通りを過ぎると、見えるのが、このやきもち屋。今、粟餅を食べて糖分を補給したはずなのに、ひとつくらいならいいっしょ、と餅だけでなく、自分にも甘く、食べ歩き。1個100円のお手ごろ価格。太宰府の梅ヶ枝餅のような素朴な味わい。

喜久屋の栗の子
さらに甘味行脚は続く。今度は喜久屋。ほとんどガイドブックには載ってない。私がネットで見かけて、ぜひ行ってみたいと思った店だ。目指すは、「栗の子」という秋限定の栗とこしあんの茶巾絞りのようなお菓子。

歩くこと20分弱。たどりついたのは……しょぼい町場の和菓子屋だった。なんだ、ここかよ、はるばるやってきたのに…。

と思ったが、気を取り直して店へ。店にはオバちゃん一人。「いつ食べるの?」、「今日の夜」というと、「じゃ、ドライアイス入れとくから、50円ね」と有無をいわさず、巨大ドライアイスを入れられ、包み始める。と、そこへおじちゃん登場。

「わたしゃ、傷痍軍人だったんだよ」と何の前フリもなく、いきなりディープな身の上話をはじめる。え、何? 「パラオ(グアムだったか?)へ行ってたんだよ」。 ううう~どう対処していいかわからず、しばしフリーズ。

しばらく聞いていたら、ようやくお菓子の話に。
「丹波の栗を使っているから、全然儲からないんだよ。日持ちはしないから、明日の午前中までに食べてね。新幹線の網棚に乗せるのもご法度。鮮度が命なんだから」と、細かくご指導を受けた。それだけこのお菓子を大切にしているのだろう。

b0037223_2333954.jpg新幹線の中で、パクついたら、栗の香りがうわ~と口の中にあふれ、栗の濃ゆ~い味がした。確かに次の日食べたら、風味は落ちていたので、オジちゃんが、鮮度にこだわる理由に納得。

他のお菓子はどうなんだろう? オジちゃんたちのキャラに圧倒されて、他のものに目が入らなかったな。気取った老舗とは違う、庶民的なおもしろい店でした。10個入り1980円。

オ・グルニエ・ドール
ここも前回行けなかった心残りその2。神戸のアラン・シャペルのパティシエを勤めたシェフの店。その名前は東京までも轟いていて、今度こそ絶対行きたいと思っていた。

とてもわかりにくい場所にあった。狭い店内は女性客でごった返していて、買うのもひと苦労。谷中のパティシエ・イナムラ・ショウゾウ状態。イートインするほど時間がないので、テイクアウトに。しかし、そうなると焼き菓子しかチョイスできない。ちょっとつら…。

かなり迷って、リンツァートルテとリンゴのタルトにする。これは自宅に帰ってから、試食。

b0037223_2363057.jpg手前がリンツァートルテ。フランボワーズのジャムがたっぷり入り、シナモンやナツメグなどのスパイスがアクセントの焼き菓子。ウィーン近郊のリンツという町の銘菓です。

うう~む、これメチャクチャ旨いです!

続いて翌朝、リンゴのタルト。これも旨い! ああ、グルニエ・ドール、やっぱり噂にたがわぬ店でした。今度はぜひ生菓子を食べたいな。リンツァートルテ380円、リンゴのタルト310円。

いやあ~1回の旅行で、髄分引っ張ってしまいました、失礼。しかし、まだ行けなかった店がたくさん。心残りを残しておかないと、次に来る楽しみがなくなるから、これでいい。いや、京都の場合が尽きること、ないんだけど。

また近いうちに京都通いをするかもしれないが、今回はこれにて終了。長い間、お付き合いありがとうございました。

京都(プラス奈良)の甘味、フォ~!



粟餅所澤屋
京都府京都市上京区北野天満宮前西入ル南側紙屋川町838-7 Tel:075-461-4517

天神堂
北野天満宮参道入口 Tel:075-462-2042

喜久屋
西大路通りバス停「わら天神前」そば Tel:075-462-6332

オ・グルニエ・ドール
京都市中京区堺町錦小路上ル  Tel:075-213-7782
[PR]
by Suzie(すぅじぃ) by cafesuzie | 2005-11-19 21:53 | おやつ *
<< Qちゃん、鮮やか復活劇 ページトップ 鹿せんべいは食べられるのか? >>
The Original Skin by Sun&Moon