(すぅじぃず・にゅうす)
suziesnews.exblog.jp
Top
Qちゃん、鮮やか復活劇
2005年 11月 20日 *
<女子マラソン>高橋尚子が初優勝、復活果たす 東京国際 | Excite エキサイト : ニュース

東京国際女子マラソンで優勝。おめでとう!すごいね、Qちゃん。これはすごい。

試合前、足の故障で出場さえ危ぶまれていたのに、この復活劇は鮮やか。だって、もう引退かと思っていたくらいなのだから。「オリンピックを目指す」というのは本気なのか、単なるパフォーマンスじゃないのか、と失礼ながら勘ぐりもした。

一度、モチベーションが途切れてしまったら、もう一度同じ状態にもっていくのは、容易ではない。特にスポーツ選手にとっては、気持ちは大切なもの。

この復活劇は、「もう一度走りたい」「このままでは終われない」という強い精神力あってこそ。努力はもちろんだが、一番の勝因はこれに尽きるのはないかと思う。

といっても、私はレースを見ていた訳ではない。私はマラソンをほとんど見ない人。今日のレースは見てもよかったんだけど、2時間以上も、ただ走っているだけの画面を見るのは、どうも苦痛なのだ。

でも、父がいたら、きっとテレビかじりついていただろうな、とふと思った。あの人、大のマラソン好きで、自分でもようく、いろいろなレースに走りに行っていたから(もちろん、ほのぼの市民マラソンだけど)。

アテネオリンピックの深夜の女子マラソンのレース、病気で体力がなくなっているのに、夜中に起きて必死になって見ていた。昼間ずっとグッタリ寝ていたのに、そんなに好きなのか、と思ったものだ。

きっと、父は今日のQちゃんの復活を喜んでるだろうなと、マラソンとは別の感慨が湧いてしまった。ま、どうでもいいこと、ここはスルーしてね。

でも、Qちゃんはまだ33歳だったのか。スポーツ選手としては、「イイ歳」なのかもしれないが、私から見れば、嫉妬しちゃうくらい若い。引退なんて考えるの、早過ぎる。40歳くらいまで、現役でがんばれ!



紅葉も見たし、秋は満喫。そろそろ冬支度のスキンに変えたかったのだが、なかなか腰が上がらず。しかし、やっと決行。

初めてのカスタマイズでございます。途中、どうにもうまくいかず、初めからやり直したりしたけど、何とか披露するところまで、こぎつけました。

ちょっぴりクリスマス気分ですが、いかがでしょうか?
[PR]
by Suzie(すぅじぃ) by cafesuzie | 2005-11-20 21:09 | スポーツ全般 *
<< 疑惑の姉歯氏なる人物 ページトップ 京都奈良買い食いみやげ② >>
The Original Skin by Sun&Moon