(すぅじぃず・にゅうす)
suziesnews.exblog.jp
Top
ネット依存で失くしたもの①
2005年 11月 27日 *
今朝の朝日新聞に、インターネット依存症(引用は朝日ではないが、内容はほぼ同じ)についての記事が載っていた。

ネット依存症とは、「メールやチャットにのめりこみ、何をしててもネットのことが気にかかり、それなしでは、不安で仕方がない状態」の人を指すらしい。

「ネットの中で別人格を演じているうちに、現実の世界と区別が付かなくなってしまう」極端な例もあるそうだ。

「メール」や「チャット」というのが、ちょっと腑に落ちないが、おそらく古い資料でも使っているのだろう。それかネットを知らない記者が書いてるのかも。これは「ブログ」やmixiなどの「ソーシャル・ネットワーク・サイト」と置き換えると、納得いく。

最近はこのネット依存症が増えてきているそうだ。病的までいかなくても、私だって依存気味だ。1日PCから離れていると、寂しいし、ブログやメールが気になる気になる。

新聞に依存症チェックのリストが載っていたが、それをそのまま書くことはできないので、こんな依存症テストを別に見つけたので、やってみた。

これも「ISDN」とか「電話がつながらないと、いわれたことがある」など、ひと昔前のPC環境なので、実情にあわないところもあるが(今もダイアルアップでつないでいる人、いるのかいな?)、とりあえず、無視してやってみる。

それによると、「かなり中毒っぽい」と出た。だいたいPCの前には朝2時間、夜3時間以上で、5~6時間は平気で使っている。いや、仕事もPCを使うので、もっと長い時もしょっちゅう。

確かにブログを書き始める前は、こんなにPCを使っていなかった。ブログ前、ブログ後では、生活は随分変わってしまった。

ネット依存気味になって、一番割を食ったのが、読書タイム。ほとんどなくなってしまった。

以前は12時から1時までの1時間を、読書タイムとして確保していたが、今は1時までPCを開いていることが多くなり(1時が私の就寝時間)、その時間が取れなくなってしまった。ゆえに買ってきた本は、ツン読ばかり。

それを解消するために、最近はじめたことがある。図書館で本を借りること。借りたら返さなきゃならない。返却期限を睨んで、「絶対読んで返すこと」を課し、強制的に読むように仕向けたのだ。

借りてきても最初は読まない。でも、「絶対読んで返す」のだから、2週間の返却期間ギリギリになると、やおら本を開き始める。それは12時40分だったりするが、とにかく読みはじめる。

読むのはわりと速いので、乗れば長編でも2日くらいで完読(モノにもよるが)。多少寝不足になるが、とにかく、これで少しは本を読むようになった。

要するに、読書の「〆切り」をつくったのだ。つくづく私って〆切がないと、動かない人なんだと思う。

で、何読んでんだよ?と興味のある人もいる?かな。 

推理モノの長編です。自分ではどんな本がおもしろいのか、わからないので、友人のお薦めを読んでます。法月綸太郎とか、横山秀夫とか。今は雫井脩介の「犯人に告ぐ」を読んどります(これは買った本だけど)。

この分野にお詳しい方、何かお薦めがあれば、教えてくだされ(あれ、ネット依存症のエントリじゃなかったの?)。
[PR]
by Suzie(すぅじぃ) by cafesuzie | 2005-11-27 21:39 | PC・おもしろサイト *
<< ネット依存で失くしたもの② ページトップ 鰻休 >>
The Original Skin by Sun&Moon