(すぅじぃず・にゅうす)
suziesnews.exblog.jp
Top
護摩札詣で at 西新井大師
2006年 01月 15日 *
あ~今日は春ですね。縮こまっていた背中を、思いっきり伸ばして、両手をいっぱい広げて深呼吸。温かいのっていいね。といっても、あくまで冬の中休みですが。

西新井大師に行ってきた。お札を返しに、そしていただきに。もう2年もそのままになっている護摩札だ。父が病気発覚直前にいただいてきたもの。ずっと神棚におきっぱなしだった。

ウチでは毎年、小正月の15日にお大師詣でをして、護摩札をもらっていた。去年は行けなかったが、今年は行きたい。

当初一人で行くつもりだった。ところが、そろそろ出かけようと思っていたところに、タイミングよく、友人のYさんから連絡が入った。

都心に出たついでに、お茶でもしない?というお誘いだったのだが、私がこれからの予定を話すと、同行可能という。

実は彼女、ご朱印仲間。寺参りにはぴったりのお供だったのだ。遠いので、あえてお誘いしなかったが、よかった~。やっぱり、ひとりで行くのはつまらない。

で、行ってきました。西新井大師。もう1月も半ばそんなに込んでないだろうと、高をくくっていたが、とんでもない。境内は、お参りをする老若男女で、ごったがえしていた。露店もたくさん出ていて、大賑わい。

今時の露店は、焼そば、お好み焼きだけでなく、中国風焼餅やら、揚げ餅、おやきと多彩。昼飯を食べ損なったので、思わず中国風焼餅を買い食い。

さて、護摩の祈願の題目は何にしよう? かつては家内安全だったが、ひとりもんだし、それってどうもしっくりこない。商売繁盛か、厄除けか、開運か、はたまた心願成就か、散々迷って、身上安全(みのうえあんぜん)にした。やっぱ、健康が一番^^。

b0037223_212935.jpgお護摩を焚いている間に、参道をひと回り。いや~、各店気前がいいっすね~。

豆屋の店先には、きな粉豆の入ったでっかい容器が、デンと据えられ、試食し放題、食べ放題。店の人間が、そばに張り付いてないので、みんな遠慮なく、バクバクつまみ食い。このうちどれくらいの人が買うんだか。

b0037223_21293829.jpgだんご屋も全種類試食させたり、並んでいる客にお茶を出したり、と至れり尽くせり。涙ぐましい。

私たちも門前のだんご屋で、「お大師だんご」を買う。いつもは「草だんご」なのだが、たまには違うものを買ってみた。ま、あんが外側にあるか、中にあるかの違いなんだが。

b0037223_21301397.jpg3時半からのお護摩の奉修を待っている間に、ご朱印もいただいた。なかなか美しい。

4時ごろお札をいただいて帰ってきた。でも、歳を数えで書かなかったけど、まずかったか。ま、ご愛嬌ってことでいっか。気は心だ。

ほんに温かくてお参り日和でした。
[PR]
by Suzie(すぅじぃ) by cafesuzie | 2006-01-15 22:59 | 旅・お出かけ *
<< ライブドア本社にガサ入れ! ページトップ 叔母の不摂生 >>
The Original Skin by Sun&Moon