(すぅじぃず・にゅうす)
suziesnews.exblog.jp
Top
2006年 01月 06日 ( 1 )
*
by Suzie(すぅじぃ) *
2006年 01月 06日 *
昨日のファイナルのファイナルは、29.6%だったそうで。すごいですね。

ファイナルのファイナルというのだから、これでお仕舞いのつもりだろうが、ひょっとして味をしめて、「番外編」なんてのが、できるかもしれない。あんまり引きずってほしくないけど。

2日前に叔母の家で、新年会をしたが、かなり体調が悪そうだった。元々高血圧、高脂血症に糖尿病、肥満と、病気のデパートみたいな人だが、今度は心臓? 

昨夜、突然病院から電話があった。緊急入院したと。

叔母はひとり身。子供もいない。一番近い身内は姪や甥、つまり私と従姉妹たちだ。身の回りのことをやる人は、私ら以外にいない。

今朝病院に行ってみると、とりあえず、意識はしっかりしているし、口も達者だったが、酸素吸入と点滴をしているので、動けない。医師の話だと、軽い心不全と貧血があるとのこと。どうも、しばらく入院することになるらしい。

緊急入院だったので、何も持たずに着の身着のままで、パジャマすらないという。叔母に鍵をもらい受け、従姉妹といっしょに、家に必要なものを取りにいく。

家に着くと、びっくり。窓に鍵はかかってないし、給湯器のガスも消してない。使った皿もシンクにおきっぱなし、新聞も止めてない。

実は、ここはすごいゴミ屋敷なのだ。2日前も気付いていたが、そのときは本人がいたので、見て見ぬふりをした。でも、床は埃がかぶり、ゴミはため放題、ものは重ね放題、出しっ放し。シンクの中は、5㎜くらいぬるぬるしたヘドロがこびりついていた!

歳をとると、片付けられなくなるのか、よほど体調が悪かったのか。いったいいつ掃除したんだよ~!

従姉妹と二人で手分けして、少しだけ片付けた。本格的にやったら、日が暮れるので(いや2~3日かかりそう)、どうしてもガマンできないところだけ。

洗面道具やパジャマなどを取ってきて、再び病院に戻り届けた。やれやれ。

しかし、これが独身の老女の行く末なのか。な~んとなく、自分の将来を暗示させるようで、気分がよろしくない。

姉に申し渡された「アンタの老後を、うちの子供が見なくちゃならないのよ。わかってるの!」――あの言葉がよみがえる。くそぉ~、私は具合が悪くなっても、甥や姪には連絡を取らないぞ。

くたばらないうちに老人ホームに入りたいな、そんなことを考えながら、帰ってきた。
[PR]
by Suzie(すぅじぃ) by cafesuzie | 2006-01-06 22:16 | 雑感 *
ページトップ
The Original Skin by Sun&Moon