(すぅじぃず・にゅうす)
suziesnews.exblog.jp
Top
カテゴリ:旅・お出かけ( 36 )
*
by Suzie(すぅじぃ) *
2006年 08月 28日 *
花火を見た後、ゴージャスなリビングで少し歓談。ステキなオードブルが出てきたり、超おいしいぶどうジュースをいただいたりして、すっかり優雅に気分に浸っていた。

10時近くなってきた。名残り惜しいが、そろそろおいとませねば。

当初は列車で帰るつもりだったが、メンバーの中の1人、Mさんが車できていた。彼女の仕事仲間もいっしょで、計4人がMさんの車に同乗してきた。

列車派は、私ともう1人の2人。ワゴン車なので、6人乗れるとのこと。Mさんは青葉台までしか行かないが、途中本厚木で降りる人がいるので、そこで降りて小田急に乗り換えたらどうか?という。車で行くなら、楽だわ~、とついひよって、同乗させてもらうことにした。

しか~し、それがヘロヘロの始まり。

友人の家を後にして、6人を乗せた車は一路、神奈川方面へ。しかし、すぐに渋滞にはまる。考えてみれば甘かった。花火大会の後だもの。ノロノロでちっとも進まない。時間ばかりが過ぎていく。

突然、Mさんが「このままでは3時間たっても、抜けられない。Uターンして、箱根の山越えをして、ターンパイクを通った方が早いはず」といいだす。

ええっ、この深夜に山越え! 私はややびびったが、ドライバーのMさんは女性ながら、とても雄々しい。自信を持って力強く話す。ええ~い、こうなったら、みんなと運命共同体。山でも何でも越えましょう!

こうして、車はUターンして箱根の山道へ。ところが、山道は山道だ。右へ左へ急カーブの連続。真っ暗な中、対向車もなく、オマケに霧も出てきた。いつ果てるとも知れぬ、ロング&ワインディングロード!

人数が多かったからいいものの、1人だったら、どんなに心細いか。スリリングなドライブが続くが、Mさんは顔色ひとつ変えずにハンドルを切り続ける。

ここで事故ったら、「花火帰りの女性6人、崖から転落。なぜ箱根の山中に?」なんて新聞に見出しが踊るかも――こわ~い想像が、ふと脳裏を過ぎる。

でも、皆明るい。誰一人文句をいうでなく、時にジョークを飛ばしてMさんを盛りたてる。MさんはMさんで強靭な精神力を発揮して、山越えを敢行。しかし、なんということか、ターンパイクは閉鎖されていた!霧のためか、とにかく行き止まりだった。

11時30分。万事休す。もう、どんなにがんばっても、今日中に家路にたどりつけない。私が一番遠かったが、横浜や世田谷に住んでいる他の人とて同じこと、たぶん終電に乗り継げない。

長い長い山道をようやく抜け、小田原に出た時はほっとした。そして、12時を少し回った頃、Mさんの家のある青葉台にたどり着いた。しかし、0時7分の田園都市線の終電には、すでに間に合わなかった。

皆帰宅難民になり、1人はアッシー君に迎えてきてもらうことになり、もう1人はMさん宅に、そして私は、同じ大学院仲間の世田谷に住むHさん宅に泊めていただくことになった。Hさん宅まではタクシー。高速を使い、プラス深夜料金で、優に7000円を越えた。

こんなことなら花火を見た後、さっさと列車で帰ればよかったし、ホテル代を払って熱海に一泊してもよかった、と反省しきり。

次の日、ゴミの日でもあったので、8時ごろ早々にHさん宅を出て、帰宅しました。家へついたのは、9時。熱海を出てから、11時間以上かかってしまった。

あ~しんど。ヘロヘロだったが、午後からお台場へ取材。かくして、ますますヘロヘロになったとさ。老体にはきつい2日でした。

以上が、ヘロヘロの元凶でした。
[PR]
by Suzie(すぅじぃ) by cafesuzie | 2006-08-28 23:55 | 旅・お出かけ *
2006年 08月 27日 *
久々だなあ、投稿画面。

怒涛の1週間が終わり、ほっと一息。掃除も洗濯もしてなかったら、それらを片付け、少しさっぱり。

週末は暑さが一段落だったので、少し楽だったが、それでも毎日帰宅すると、ドヨドヨ~ンとなり、何もしないで、さっさと寝てしまった。しかし、悲しいかな、6時間睡眠がきっちり身に染み付いていて、11時に寝ると、5時に目が覚めてしまう(><)。

なので、今朝も5時に起きた。といっても、ベッドでウダウダしている時間が1時間ほどあったから、6時起床。くそぉ、せっかくの休養日なのに、もっと寝てたかった。貧乏性って、や~ね。

ヘロヘロだったわけは、何も仕事だけが原因ではない。いや、今週の一番のヘロヘロ原因は、遊びです。私の唯一の夏休みが原因なのだ。

23日、熱海に住んでいる大学院の友人に、花火見物に誘われたので、出かけてみた。

午前中に、下北沢で1件取材をこなしてから、小田急線と東海道線を乗り継ぎ、熱海へ。楽しみなのは岩盤浴。しか~し、教えてもらった施設に問い合わせると、今日は宿泊客でいっぱいで、ビジターは断りだと。残念! 癒されたかったのに、クスン。

仕方ないので、友人のマンションへ。このマンションは、いわゆる温泉付きリのゾートマンション。大浴場があるので、そのお風呂を利用させてもらった。2ヵ月ぶりくらい(いつもシャワーなんで)にゆったり湯舟につかった。岩盤浴がよかったけど、これでも極楽。

このマンション、かなり豪華。彼女はここに母親と2人で住んでいる。友人いわく、「部屋が狭いからお泊めできない」と申し訳なさそうだったが、入ってみてびっくり。

え~、ど~こが狭い? リビングだけで20畳以上はあるんじゃないの! すげー(いや、「とても」)広くてゴージャス。 ここにゴロ寝でも、5、6人は優に泊まれるよ~。

家具調度も、すばらしくご趣味がよろしくて(どうして敬語になる?)、花模様のクロスが、サマになっている。テーブルの上には、大きなカサブランカが何気なく活けられ、まるでヨーロッパの貴族の家みたい。

お母様も大変大変お品がよろしくて、言葉遣いも丁寧で正にセレブ。付け焼刃ではない感じ。自然なのだ。

友人も、とても美人で上品なので、ある程度想像はしていたが、ここまでセレブとは! でも、彼女、性格もよくて嫌味がない。きっと、真のお嬢様というものは、こういうものなのだわ。お知り合いになれて光栄ですぅ~(^o^)。

花火は8時20分からなので、その前に食事。ご近所のビストロへ。小粋な感じで、ちょっとイタリアンぽい。とてもおいしゅうございました。満足^^。b0037223_1241524.jpgb0037223_12384747.jpg
ここで、友人にご馳走になってしまった。お嬢様は会計もスマート。ああ、私にはマネできないこと…。

食後再び彼女のマンションに戻って、花火見物。b0037223_12445676.jpgb0037223_12451334.jpg
たった35分の短い花火だから、そんなにすごいものではない。はっきりいってしょぼいが(熱海の皆さん、ごめんね)、マンションのベランダから、気軽に見物できるのはうれしい。ただ、花火は、やっぱり河川敷で見るのが一番だよ~。ここは下町に勝負ありか。でも、熱海は1年中やってるから、こんなものなのかな。

長くなってしまった。この後がヘロヘロ原因の種明かしなんですが、休憩。続きはまた明日(ほんとか?)。

※花火写真のみ、クリックで大きくなります。
[PR]
by Suzie(すぅじぃ) by cafesuzie | 2006-08-27 12:53 | 旅・お出かけ *
2006年 07月 08日 *
7月6~8日は夏を迎える風物詩、朝顔市がある。入谷の鬼子母神周辺だ。今年は朝顔を植えたいと思っていたので、前から行く気満々だった。

しかし、たった3日間、あっという間に最終日になってしまった。あっせ~、終わっちゃうじゃん。それも朝行かなきゃ、花の色がわからない。といっても、すでに10時過ぎ。慌てて、ダメもとで近所に住む友人に携帯メールを送る。どうせなら、連れ立って行こうと思ったのだ。

ところが、1時間たっても2時間たっても、友人から返事が来ない。出張の多い人だから、出先で見てないのかも。電話をすればいいんだけど、元々ダメもとだったから、ま、いっか。見切り発車だ。1人で行ってこよっと。

1時過ぎに出かける。もうすぐ朝顔市の入口、というところで携帯がなる。なんと、誘った友人から「行ってもいいよ」という返事。はあぁ~、時すでに遅し、もう着いちゃったよ。

仕方がないので、電話を入れて、「もう現地にいるから、またの機会に」(「またの機会に」といっても、来年までないけど)、という旨を伝えた。バッグの中に携帯を入れ込んで、聞こえなかったんだと。まあ、私もよくやるので、非難はできません。

b0037223_21381130.jpg露店、いっぱい出てました。どれも一鉢一律2000円。近所のスーパーで、同じような行灯仕立を1500円で売っていたので、高い気がする。買うの止めようか。でも、せっかくここまで来たのに、それもなぁ…。

b0037223_21383384.jpg朝顔の露店は、片側だけに出ていて、もう一方には、食べ物の屋台がずらりと並んでいた。喉が乾いたので、タピオカ入りミルクティーを飲んだ。それがまずいのなんのって。水っぽくて温くて、タピオカも少ない。おまけにむせた。く~、飲むんじゃなかった(><)。

b0037223_21375574.jpg結局、買ってきました。縁白はイヤだといったら、「これ」といって出されたけど、よ~く見ると、斑入りのも混じっているみたい。それに葉に虫食いもある。無印不良品をつかまされたか。

これって、最終日の夜行くと、安くなるのかしら。だったら、夜まで待っていればよかったか。下町に何十年も住んでいながら、2回くらいしか行ったことがないので、よく知らないのだ。どなたか、最終日夜の状況をご存知ですか?
(※上二つの写真は、デジカメを忘れたので携帯で撮影)
[PR]
by Suzie(すぅじぃ) by cafesuzie | 2006-07-08 22:20 | 旅・お出かけ *
2006年 06月 06日 *
鎌倉オフ会。写真だけアップの巻。

起点は北鎌倉駅。アジサイ寺として知られる明月院へ。

b0037223_22475746.jpgアジサイはまだほとんど緑だったけど、ぜんぜんガッカリしてない。い~んや、むしろ、さわやかでよかった。明月院のアジサイは、青色で統一されている。私はピンクがかった淡い紫が好きなので、青1色はちと寂しい。緑と淡い水色で充分満足^^。きれいだった。

b0037223_22501152.jpgb0037223_22503724.jpg
その後、建長寺へ。境内で、道すがら買った豆大福をみんなでつまみ食い(バチあたり?)。この豆大福、ごっつ旨かった。私の好きな和菓子屋、三日月堂花仙のものです。

b0037223_22505912.jpgプラプラ歩いて、鶴岡八幡宮へ。楼門?はただいま修復中。これは絵です。冗談ではありません、本当に絵です。修復中の楼門を覆うシートに絵が描かれているのです。ご丁寧な。

b0037223_22502677.jpg小町通りまできて、お待ちかねのランチ。ガイドブックに乗っていた店が、行列だったので、急遽昔行ったことのある和食処に入る。天丼です。ベタベタ甘い天丼は嫌いだが、これは品よく薄味で、合格点。

b0037223_22481666.jpg食後、江ノ電に乗って、長谷寺へ。長谷寺は花の寺。こんなアジサイも咲いていた。キヨスミサワという種類らしい。



b0037223_22511314.jpgその後、鎌倉文学館へ。ここのお庭には、バラ園がある。盛りは過ぎていたが、それでもまだきれいな花が残っていた。


b0037223_22495964.jpgb0037223_22494876.jpg
そして、再び鎌倉駅へ戻り、お茶して帰りました。お土産いっぱい。それはまたいつか。

気の効いたコメントのないつまらない話でごめんなさい。写真をアップするだけで、せいいっぱい。
※クリックすると大きくなる写真もあります(テキトー)。
[PR]
by Suzie(すぅじぃ) by cafesuzie | 2006-06-06 23:33 | 旅・お出かけ *
2006年 06月 03日 *
今日は久々にお休み。鎌倉へ小旅行。

メンバーはオフ会仲間。半年ぶりだけど、ほとんど毎日web上で、行ったり来たりしているから、久しぶりという感じがしない。でも、会えば話すこといっぱい。

b0037223_22392048.jpgこれは明月院。別名アジサイ寺だ。残念ながら、花の盛りには少々早く、色づくのはあと1週間くらいか。まだほとんど緑だった。

でも、緑のアジサイも清々しくて、きれいだったな(写真はクリックで大きくなります)。

他の写真のアップは、また明日。実は出さなければならないレポートがひとつ残っていたのだ。しゃーない、ちょっくらひと仕事するか。
[PR]
by Suzie(すぅじぃ) by cafesuzie | 2006-06-03 22:46 | 旅・お出かけ *
2006年 05月 04日 *
b0037223_21393824.jpg昨日、友人に誘われて、亀戸天神の藤を見に行ってきた。

先に亀戸天神の隣りにある香取神社に寄ると、亀戸大根の碑が立っていた。亀戸は大根でも知られる地。ちょっと笑えるユーモラスな碑だ。


b0037223_22274179.jpg亀戸天神へ向かう途中で、揚げまんじゅう屋に引っ掛り、買い食い。酒まんじゅうを揚げたもので、サクっと旨い。これで軽く腹ごしらえ。

いざ亀戸天神へ。しかーし、参道からすごいことになっとりました。オバ様やオジ様の押すな押すなの群れ。平均年齢かなり高しで、私らなんて、ワカゾーの部類。巣鴨の地蔵通り状態だった。

b0037223_21422680.jpgb0037223_21421467.jpg

藤は正に見頃だったが、人が多過ぎて、花を愛でる余裕などない。人いきれムンムンで、一刻も早く逃げ出したくなった。う~深呼吸をしたいっ! 

b0037223_21544469.jpg境内の片隅に回ると、異空間が広がっていた。どう考えてもそぐわないムード歌謡の歌手のライブをやっていたのだ。なんでや? 理解に苦しむ神社のアトラクションである。

混雑と不思議な歌に酔い、ほうほうの体で、亀戸天神を後にすると、またまた行列に出くわす。

b0037223_21525097.jpg葛餅の名店「船橋屋」だった。行列嫌いの私なのだが、ここではつい並んでしまった。船橋屋なんて、デパ地下にも入っていて、珍しくはないが、本店で買ってみるのもいいかな、と。これってオバさん根性丸出しやん(汗)。

しかし、買ってみてなんだが、葛餅って微妙な甘味だ。クチャクチャした不思議な食感。旨いのかどうか、判断つきかねる。3分の1食べて、残りは冷凍してみた。果たして、解凍して食えるのか。いまだ不明。

b0037223_2204263.jpgその後、蔵前橋通りを錦糸町方面へ進むと、巨大なショッピングモールが出現。4月20日にオープンしたばかりの「オリナス」であった。

錦糸町というと、失礼ながら、その筋の方の事務所が多いハードボイルドな町、というイメージがあったが、こんな洗練されたビルが、建っていたなんて。中は吹き抜けの造り。ここはリトル表参道ヒルズですか。

町がおしゃれに明るくなるのはいいが、どこも同じようなビルに同じようなテナントが入っていて、個性がない町が増えて、ちと寂しい。ここも大混雑であった。ただし、客層は亀戸天神よりぐんと若い。

以下、藤の写真。見たときは落ち着いて見られなかったが、房はすーっと垂直に垂れ下がり、姿勢がよくて、潔い美しさがあった。写真を見てから、美しさを確認した次第(汗)。

GWはどこも大混雑ですな。やっぱりウチでおとなしくしていよっと(以下の写真は、クリックすると、大きくなります)。
b0037223_2241524.jpgb0037223_2222749.jpg
b0037223_2243598.jpgb0037223_2245641.jpg
(↓大きくなりません)b0037223_22255328.jpg

[PR]
by Suzie(すぅじぃ) by cafesuzie | 2006-05-04 22:45 | 旅・お出かけ *
2006年 04月 09日 *
先週引越しをしたばかりの友人宅へ行ってみた。場所は、品川のインテリジェントマンション。40階建てとか、とにかくすっご~いの。

最先端の巨大マンションで、家というよりここは最早、街である。マンションの1階は、広~いパブリックスペースになっていて、ゆったりとソファが置かれ、部屋へ行く前に、ここでしばし歓談?! 壁は全面ガラス張りで、窓の向こうには、運河と品川埠頭、その先はお台場が見える。

そして、フロアの一角にはコンシェルジェがある。管理人じゃないのよ、コンシェルジェよ、コンシェルジェ! 当然、リタイアしたオジさんが1人ポツネンと座っているようなブースじゃない。若いスタッフが、広いカウンター内に何人も常駐しているのだ。まるでホテルのフロント!

コンシェルジェは、住環境を整える雑務や建物内にある共有施設の予約などを引き受ける。何しろここの設備はすごいのだ。

フィットネスジム、プール、ジャグジー、ラウンジ、カラオケルーム、パーティルーム、図書室、マッサージチェアのおいてある部屋、お客さんが来たとき、使用するゲストルームなどなど、あり過ぎと思えるほど、さまざまな施設がそろっているのだ。コンシェルジェはそれらを管理するそうだ。

友人の部屋は28階にあり、眺望は抜群。毎朝富士山も望めるという。床暖房あり、食洗器あり、ディスポーザーあり、ドラム式洗濯機ありの、最新型住環境。は~、溜め息。

食後、レインボーブリッジの夜景を見渡せるスカイラウンジでお茶していたら、すっかりここはどこ?私は誰?の気分になってしまった。外国のホテルに来たような錯覚を起こす。もっとも周囲を見回すと、住人なのか、ジャージできている人もいたが。興醒めなので、それはやめてね。

至れり尽くせりのマンションだから、販売価格はメチャクチャ高いのかと思いきや、階数や方角、間取りによって、かなり開きがあるようだ。ワンルームなら、辛うじて手が届くか。いや、やっぱり届かない(><)。

毎日富士山や東京タワーを見ながら、生活できる友人は、なんて幸せ者! むろん、生活レベルが違うんだから、いっても仕方ないけど。

でも、ええなあ、と羨む一方で、私はそのうち飽きるかもと思ってしまった。高層階に住むと、出不精になるし、なんでも車がないと動けないのは、免許のない私にとっては不便だ。

それに、新しい街なので周囲はビルばかり。やっぱり、私は下町のゴチャゴチャした街の方が好きかも。商店街をほっつき歩くのも好き。ちょっと歩くと、別の町に出くわすコンパクトな街が私にとって住みよい所なのだ。お金の面だけでなく、たぶん一生縁のないマンションだろうな。

でも、Rさん、花火のときはぜひ呼んでね。それと海外に行きたくなったら、そちらへ遊びに行きますので、よろしく^^。
[PR]
by Suzie(すぅじぃ) by cafesuzie | 2006-04-09 23:32 | 旅・お出かけ *
2006年 03月 08日 *
まあ、おかげさまで、落ちてぶつけたところは、青アザくらいですんだようです(私ってガタイいいのかしら?)。

しかし、ちょっと危ないなと思ったときは、リスク回避の手段を、きちんと取らないといけないですね。これくらい大丈夫と思っても、とっさに回避できない、もう若くない。←これ、最近ジワジワ実感してます(^^;)。

今日はメチャメチャ暖かかった。東京は気温19度、4月中旬の暖かさだった。ポカポカってこのこと。気持ちいい。コートも上着も脱いでいた。

b0037223_20472852.jpg仕事で青山へ出かけたついでに、前回オープン初日に行って、門前払いを食らった表参道ヒルズに寄ってみた。

今日はさすがに入場制限はなかったが、中は人がいっぱい詰まっていた! レストランやカフェの前は、2時過ぎというのに長蛇の列。

どの店もおしゃれな造りだが、値段お高め。並んで入るの面倒。物見遊山するだけで充分だな。根性のないヤツです。

お客は、年配の人が目立つ。それもオバ様だけでなく、オジ様も。決してオバ様に連れられているのではなく、オジ様だけのユニットも見られた。オジ様も新しもの好きなのね。それだけ好奇心旺盛なら、老け込むことないし、ボケないし、よろしいことで。

ビル全体がアトリウムになっているので、狭い空間も(横長だが、たぶんそんなに広くない)広々感じられる…といいたいところだが、人が多すぎて息苦しい。早く外へ出たくなった。

やっぱり今日は、外歩きが一番♪~。
[PR]
by Suzie(すぅじぃ) by cafesuzie | 2006-03-08 21:08 | 旅・お出かけ *
2006年 02月 16日 *
久々の雨。昨日まで暖かかったから、今日の寒さは身に染みる。最近足首のことがあって、あまり遠出をしなかった。

痛くはないけど、多少の違和感…つうか、また痛くなるんじゃないかと、なんとなく不安なので。要は心理的なもの。

今日は腰も痛くて、足は冷感、腰は温感シップ貼ってます。まったく満身創痍、膏薬ババーのいっちょ出来上がりだ。歳を食うってことは、こうゆうことか。

でも、今日は夕方からお出かけ。行き先は…? 今日は写真をアップするのが面倒なので、詳しいことは、明日ご報告。

別にすごいところへ行ったわけではないが、少し引っ張ってるかも。では、サワリだけ。「映画の試写に行った」ってこと。何の映画かってところが、問題(やっぱり引っ張ってるか)。

今日はこの辺で^^。明日のお楽しみ(興味ない人には、楽しくもない話なんだけど)。
[PR]
by Suzie(すぅじぃ) by cafesuzie | 2006-02-16 23:58 | 旅・お出かけ *
2006年 02月 11日 *
<表参道ヒルズ>オープン、2000人が行列 東京・渋谷 | Excite エキサイト : ニュース

初日の表参道ヒルズへ行った。

新し物好きだって?! う~ん、違うんだよ~。ワタクシ、なんと迂闊なことに、今日オープンとは知らなかったのです。テレビで放送してるから、てっきりオープンしているものとばかり、思っていたんです…。

でも、違った。あれはプレス用のお披露目だったのね。行ってから知る己れのアホさ加減。もひとつアホなことに、今日は祝日だってことに、そのとき気付いた。よけいに込むわな。

明治神宮前駅を降り、地上へ出ると、すごい熱気。今日が初日とここら辺りで知る。でも、一応、仕事を兼ねているので、行かねばならない。友人と落ち合い、いざ、ヒルズへ。

表参道は、ご存知の通り、ゆるい坂が続いている。端から見ると、坂の上の方から、ものすごい黒山の人だかりが、押し寄せてくるのがわかる。こわいよっ!

b0037223_10553548.jpg舗道は明治神宮の初詣状態で、超ノロノロ。どうにかヒルズの前へたどり着くと、長蛇の行列。「入場まで1時間以上待ちですっ!」とスタッフが絶叫!

ははあ~、入るのに1時間もかかるの、いやや。せっかく行ったが、この人いきれに早々ギブアップ。結局、また来ることもあるさ、ということで今日は見送り。b0037223_0143883.jpg


しょうがないので、周辺をウロウロ。右の写真、よくわからないだろうが、真中のグレイの部分が溝になっていて、水が流れている。水辺をつくったのか。でも、すぐにはまりそう。もちろんすごく浅いけど。

b0037223_012885.jpgこれ→は同潤会アパートの名残り。何のために行ったのか、わからくなったが、写真撮影が目的のひとつでもあったので、ヨシとする。

そうそうに表通りを退散。裏通りへ回り、静かなカフェに逃げ込んだ。それにしても、何でこんなに込むの。何も今日でなくてもよかったのに、アホだな。初日なんて行くもんじゃない。つ、疲れた~(><)。
[PR]
by Suzie(すぅじぃ) by cafesuzie | 2006-02-11 23:51 | 旅・お出かけ *
ページトップ
The Original Skin by Sun&Moon