(すぅじぃず・にゅうす)
suziesnews.exblog.jp
Top
カテゴリ:ニュース( 124 )
*
by Suzie(すぅじぃ) *
2006年 09月 06日 *
伝統と格式にがんじがらめの旧家のご次男、ナマズ氏一家にお子さん誕生! 確かに子供の誕生はおめでたい。通りがかりの者ですが、おめでとうといいたい。

でも、男の子だから喜んでいるのか。男児男児って、女児はいらんてか。どうせ、この家は女性軽視だもの。

これでもう旧家のガッチガチのシキタリを変えることはなくなるのだろう。不条理なシキタリを変えようと、一族や周囲の人々が、動き始めた矢先のはかったような(「ような」はなし?)絶妙のタイミングに妊娠。

貼り付いたアルカイックスマイルの奥様、虫も殺さぬ天女のような顔をして、すっご~いタフな精神力をお持ち。これで旧家の改革機運が、すべて吹っ飛んだ。

しかし、気楽な次男の嫁として嫁いできたはずなのに、あえて火中の栗を拾ったのは、なぜか。今後ものすごいプレッシャーがかかるだろう。やっぱりすごい奥様。貼り付きアルカイックスマイルはだてじゃない。

一方、末は大使か大臣か、といわれた超優秀で美貌の兄嫁は、男児男児と責められ、見る影もなくやつれ、メンタルヘルスのバランスを崩してしまった。

この家や周囲を取り巻く人々は、いったい何人の女性を犠牲にすれば気がすむのだろう。

テレビも新聞も全局、同じことばっかり。見てないし読んでないや。ひとりごと。

テレビはアジアカップ、イエメン戦のサッカーを見ただけ。ヘボ新生日本、課題多すぎ。オシムの「サッカーでなく、別の仕事をしにきた気がした」にはワラタ。いったい何しに来たのよ~。日光浴?ジョギング?

でも、とにかく勝ててよかった。
[PR]
by Suzie(すぅじぃ) by cafesuzie | 2006-09-06 23:48 | ニュース *
2006年 08月 15日 *
<靖国神社>最多25万人の参拝者 これも“小泉効果”? | エキサイトニュース

小泉純一郎首相が参拝した15日の靖国神社には、約25万8000人(同神社まとめ)が訪れた。統計の残っている00年以降の一日当たりの参拝者数としては最多となった。同神社広報課は「首相参拝とその報道で関心が高まった影響がないとはいえない」としている。

バイト先は靖国神社に程近い九段下にある。地下鉄は空いていた。レジャーに行くらしい子供が乗っていたりして、のんびりしていた。お茶の水はお盆休みらしく、人影がまばら。

しかし、神保町あたりから人が増えはじめ、いつもと違う雰囲気に包まれる。警察官の姿もやたら目に付くようになる。

九段下に来ると、人の波。老若男女がワサワサ湧いていた。若い人もけっこういる。通りには右翼団体の街宣車がガンガン走っている。普段はそれほど混雑する街でもないのに、今日は新宿や渋谷並みの人で、あふれかえっていた。見慣れぬ光景。

事務所は8階だが、右翼と左翼系のアジテーションやシュプレヒコール、変な歌が1日中聞こえてきた。う、うるさいっ! 

ボスは「毎年のこと」と平然いうが、特に今年はすごいらしい。やっぱりこれも、コイズミ効果か。右翼さん、きっと喜んじゃったんだろうな。

そして、夕刻、最後の大シュプレヒコールがはじまった。高速に下に陣取るから、声が反響して、うるさいのなんのって。毎年これが〆になるそうだ。しかし、6時前には解散。意外とあっさりお行儀よいものよ。

たくさん街宣車を出して、「○○結社総本部」などと車体に大書きしてあるけど、たぶん、総本部のみで、部員(?)も1人とか2人とかで、小ぢんまりやってるんでしょうな。彼らも時給いくらとかで、雇われているバイトだったりして(笑)。

コイズミさんの参拝の是非はともかく、終戦記念日に靖国神社周辺がこんなに騒然とした空気に包まれているなんて、ぜんぜん知らなんだ。

いやあ、なかなか貴重な経験でした(か?)。
[PR]
by Suzie(すぅじぃ) by cafesuzie | 2006-08-15 23:13 | ニュース *
2006年 08月 14日 *
<大停電>首都圏、31万人足止め お盆「真っ暗」… | エキサイトニュース

「クレーン船が送電線を損傷させて発生した14日の大規模停電。お盆休みの首都圏は混乱に見舞われた。都内の地下鉄や私鉄は各地でストップし、通勤や行楽客約31万人以上の足が乱れた」

ニュースをを見ていたら、突然の「東京停電」の速報テロップ。銀座線や日比谷線、ゆりかもめ線などが止まっているとの報道。

ゆりかもめ線にちょうどその番組のディレクターが乗り合わせていて、携帯電話で閉じ込められた車内のようすを伝えていた。まったく、仕事とはいえ大変なこった。

さて、私は10時過ぎに出かけた。方向は都心とは反対。運休もしてないので、まったく大丈夫だと思った。それに順調に着けば、11時の約束の時間に、20以上早く着く計算なので、何の心配もせずに出かけた。

ところが、乗るはずの電車は5分以上遅れてやった来た。あ~この私鉄って時間にルーズ、と思ったくらいで、それが停電の影響とは露とも思っていなかった。やがて、乗り継ぎ駅に到着。

少し遅れたが、まだまだ余裕~、と思ったが、ホームがなぜか激混雑。そこへ、「停電発生のため、ダイヤが大幅に乱れています」という構内放送。え~、そうなの、こんな都心から離れた駅でも、停電の影響が出ているんだ。知らなかった。迂闊であった。

そのとき、時刻は10時40分。駅員に次の電車がいつ到着するのか聞くと、20分後くらいか、それも以上か、はっきりわからないという。え~、それでは、約束の時間に間に合わなくなってしまう。

早々に電車で行くことに見切りをつけ、タクシーで目的地まで向かうことにした。ところが駅前は超小ぢんまり。タクシー乗り場が見つからず、代わりに交番が目に入った。

交番でお巡りさんに聞いてみたら、タクシー乗り場はないので、流しを拾ってくれ、という。それなら、歩いて行けるか? 重ねて問うと、15分くらいで行けるという。後15分は優にある。歩いて行くか。道もわかりやすそうだ。

たったか歩き出した。大汗かきながら、目的地到着。これが案外近かった。15分もかからずに10分程度で、無事約束の時間5分前に着いた。

b0037223_23431384.jpg着いた先はここ。そう、柴又帝釈天。参道脇の店取材でした。関係ないと思っていた私も停電の影響を、受けてしまった。

やっぱり電気は、ライフラインですな。オール電化の家って、便利だけど、こういうときはお手上げだろうな。やっぱり光熱源をひとつにするのはリスクが大きい、と思ったのであった。

今日は暑くて疲れました。途中思いもかけぬスコールのような雨が降ったし、いろいろなことのあった1日でした。
[PR]
by Suzie(すぅじぃ) by cafesuzie | 2006-08-14 23:56 | ニュース *
2006年 07月 05日 *
北朝鮮7発目を発射 国連安保理の決議要請 | エキサイトニュース

「北朝鮮は5日夕、7発目のミサイルを発射、午前中のミサイルと同様、ロシア沿海地方南方の日本海に着弾した。政府関係者が明らかにした」

休もうと思うと、特大のニュース! もおぉ、休んでられないじゃないか!

夕方にも1発。いったい何発発射するんだ! 頭のおかしい国家だから、理屈や常識が通じないのはわかっているが、ここまで非常識だとは思わなかった。

瀬戸際外交? そんな生易しいものじゃない。これは外交じゃない。恫喝だ。北朝鮮は、脅して何の得があるのか(W杯に参加できないから、この辺で騒ぎを起こして、注目してもらいたいのか、なんて)。

人んちに向けて、危険な飛び道具を振り回すキジルシの隣人。しかし、隣人がキジルシだからといって、引越すことができないのが厄介だ。コイツを取り締まる法律はないのか。

明け方、4時50分に目が覚めて、ドイツ×イタリア戦を見ようと、テレビをつける。ちょうどハーフタイムだったらしく、ニュースを流している。「テポドンがどうたらこうたら~~」。何? 何いってるの? 寝ぼけ眼のアタマには、容易に理解できない。やがて、大変なことが起きていることを知る。

後半が始まったが、地震速報のように、画面の上と左に枠ができ、ずっと速報を流していた。試合の画面が小さくなって、見にくい。

でも、この試合、実は延長戦を見なかった。寝ながら見ていたら、いつの間にやら、ウトウトウト…。二度寝してしまったのだ。無意識にスイッチも切っていたので、試合結果は7時半ごろ、起きるまで知らなかった。

ドイツじゃないのか、イタリアか。イタリアははっきりいうと、あまり興味はない。イケメン軍団と呼ばれるが、私には、彼らのそのイケメンぶりとやらを理解できない。あの手の濃ゆい顔はゲップが出そう。ノーサンキューなのだ。

あれ、テポドンからサッカーの話になってしまった。サッカーとテポドン騒ぎが交錯する、心の平穏をかき乱される朝だった。

夜にも大きなニュース
[PR]
by Suzie(すぅじぃ) by cafesuzie | 2006-07-05 23:57 | ニュース *
2006年 06月 01日 *
今日から6月。早いね~。6月って、なぜか1年の中で、あまり印象のない月だ。祝日がないからかな。梅雨、アジサイ、てるてる坊主…。風物詩も地味だなあ。

<人口動態統計>出生率1.25、さらに低下  | Excite エキサイト : ニュース

「厚生労働省は1日、2005年の人口動態統計結果を公表した。合計特殊出生率(女性1人が一生に産む子供の数に相当)は1.25で、これまでで最低だった2004年の1.29を大幅に下回った」

政府が口を揃えて、「てーへんだてーへんだ!」とわめいている。このまま行くと、まるで「日本滅亡!」みたいな騒ぎ。

でも、人口減は、本当に「悪」なのか。コイズミさんも「困ったねぇ~」とかいってたけど、実は全然困ってないふうに見えた(オ~レには関係ないもん、てな感じ)。

確かに、これから超高齢化社会を迎える日本にとって、彼らを支えるはずの若年層が減れば、年金や社会保険の破綻が待ち受け、社会の活力もそがれる。

でも、1億2700万人もの人間が、狭い国土にひしめき合って、大量消費を繰り返すより、少ない人口でゆとりを持って暮らす方が、地球のためになるのではないか。

経済アナリストの森永卓郎氏は、「日本の人口は、昭和5年(1930年)当時の6445万人程度が、適正かもしれない」といっている。現在の約半分は少ないかなと思うが、8000万程度なら、ちょうどよい気がする。

これからしばらくは、日本は老人だらけの国になるかもしれないが、それも一時的なこと。その超高齢者も、いずれはお亡くなりになるのだから(ま、私ら世代かも)。

女性のライフスタイルは、昔とは比べようがないほど、多様化している。子供を生まない(生めない)、持たない(持てない)女性はこれからも増えるだろうし、男のライフスタイルだって、変化しつつある。

そんな変化を無視して、イノグチ大臣はじめとする政治家やお役人たちが、「少子化、大問題!」と、いきり立つのは、どうかと思う。個人生活の政治介入は、ごめん被る。

1人も生まず、まして結婚もしてない私なんて、たぶん、彼らにとって「悪の根源」なんだろうな。「お前のようなヤツがいるから、国が滅びるんだ~!」って。

あ~よけいなお世話でござるよ。
[PR]
by Suzie(すぅじぃ) by cafesuzie | 2006-06-01 21:31 | ニュース *
2006年 05月 23日 *
<杉村太蔵衆院議員>ブログで盗用 事実認め削除 | Excite エキサイト : ニュース

「自民党の杉村太蔵衆院議員(比例南関東ブロック)がインターネットのブログで、予備校講師の著作の一部を盗用していたことが分かった。杉村氏は事実を認め、すでに削除している」

あ~あ、またお騒がせをやっちゃってくれましたね。この方、話題の少ない時期に、いつもマスコミに格好のネタを提供してくれますな。

ただ、呆れるばかりだが、自民党も自民党。彼を選挙の応援に借り出したり、若手のホープかのように扱ったり。こんな扱いは、彼のためにならないよ。カン違いするだけじゃん。

党幹部は、単なる人寄せパンダとして、使っているだけなんだろうけど、このカン違いおにいちゃんは、自分のおかれている立場を理解してらっしゃらないから、すぐに舞い上がっちゃう。

結婚報告でも、アホなこといってたしね。頭悪いんとちゃうか。

マスコミはもうこの方のことを、一々ニュースで取り上げないでほしい。取り上げれば取り上げるほど、カン違い甚だしくなるんだから。

もう無視するのが一番。この先、またまた、おバカなことをやらかしたとしても、マスコミはニュースにしない――そんな毅然とした態度で臨んでいただきたいです。

そして、次の選挙で静かにお引取り願う。これがいいのでは。

ああ、そうだった。こんなことに、TBなんぞしているヒマはないんだった。仕事とレポートがダンゴになっていたのだ。もう終わりして、取り掛かろうっと。

※コメント欄、昼間だけ開けてみます。時差の関係か、夜狙われるので。
[PR]
by Suzie(すぅじぃ) by cafesuzie | 2006-05-23 23:47 | ニュース *
2006年 05月 18日 *
<J1>彩花ちゃんの死を悼み、鹿島の選手らが追悼試合 | Excite エキサイト : ニュース

「米国で昨年、5臓器の同時移植手術を受けたが、17日に敗血症で亡くなった神達彩花(かんだつあやか)ちゃん(1歳4カ月)の死を悼み、京都市の西京極陸上競技場で、サッカーJ1の鹿島アントラーズの選手やサポーターたちが、募金のシンボルとなったピンクのリボンや喪章をつけて試合に臨んだ」

彩花ちゃんの手術のことは、再三テレビでも報道されていたので、知っていた。マイアミの日本人名ドクターの手術を受け、順調に回復…確かそんな報道だった。

手術をしたドクターが、若くてハンサムで、この手術の成功を機に、テレビや新聞に取り上げられ、すっかりスーパードクターになっていた。

てっきり元気になって、帰国するものと思っていた矢先に、この訃報だった。たった1歳4ヶ月の短か過ぎる人生。その間に何度もいろいろな手術を受けていたらしい。病院から出て、家で過ごした時は、少しでもあったのだろうか。

国内では15歳未満の子供の臓器移植は認められていないので、渡米するのだが、その際には莫大な費用かかる。それで募金活動となるのだが、父親がアントラーズのサポーターだったため、同クラブの選手らが、募金活動に一役買ったそうだ。

1億3000万円もの募金を集め、渡米。なので、ジーコも浅からぬ縁があり、コメントを出したというわけ。

この種の募金活動は、だれでもができることではない。移植を受けたい患者家族は、他にもたくさんいるはず。でも、きっと募金をしてまで…と躊躇する家族がほとんどであろう。

でも、このご両親は最後まで可能性を信じて、できる限り手を尽くしたいとがんばった。その信念や決断力に、並々ならぬ強さを感じる。

しかし、5臓器同時移植は、1歳の幼子に負担ではなかったのだろうか。もちろん手術を受けなければ、余命いくばくか、だったのだろうが、結果的には、移植を受けたからといっても、そう人生を長引かせることはできなかった。

感染症で亡くなったのだから、手術は成功したのだ。手術の是非は名医が判断したので、間違いないのだろうが、感情論からいえば、小さい体にたくさんたくさんメスを入れられ、かわいそうに思える。

募金を美談として扱う一方で、最近の募金の乱立に疑問を呈する人もいる。結局は報われなかった結末を、どんな風に捉えたらいいのか。ひとつの答えは、ご両親のこの言葉。「マイアミで過ごした時間が、何より幸せだった」。これに救われる気がする。

なんて、関係者でもないのに、あれこれいえる筋合いではない。ご両親の苦しみや悲しみは、子供のいない私には、本当のところはわからない。わかっていることは、ただひとつ、彩花ちゃんは天国に召されてしまったということ。

最後までよくがんばったね。心からご冥福をお祈り申し上げます。
[PR]
by Suzie(すぅじぃ) by cafesuzie | 2006-05-18 21:39 | ニュース *
2006年 04月 30日 *
<女子風呂>のぞき見の男性、逃げて川で転落死 茨城・土浦 | Excite エキサイト : ニュース

「29日午後6時半ごろ、茨城県土浦市真鍋新町の入浴施設で、1階の女性用露天風呂をのぞき見していた男を男性従業員が見つけた。従業員が「何やっているんだ」声を掛けたところ、男は走って逃走。約250メートル離れた新川に掛かった神天橋から約2メートル下の川に転落した。同市消防本部が助け上げたが、男は間もなく死亡。死因は水死と確認された」

楽しいはずのGWというのに、なんでこんなニュース。笑うに笑えない、おもしろうてやがて悲しきニュース。

溺れただけだったら、大笑いなんだが、何でこんなことで命を落とすかねぇ。みっともないつうか、恥さらしっつうか。でも、その人の人生は終わってしまったわけだし…。

冥土の土産に、覗きができた、ということで昇天していただくしかないか。しかし、家族がなんともお気の毒です。

この声をかけた従業員もお気の毒です。職務を全うしただけなのに、妙な責任を感じているかもしれないし。何も悪いことはしてないのに、気分はよくないはず。かわいそ。

は~、なんともコメントつけにくいニュースでした。でも、つい取り上げてしまった。やっぱり休めばよかったかしら。さっさと逃げよう(汗)。
[PR]
by Suzie(すぅじぃ) by cafesuzie | 2006-04-30 23:33 | ニュース *
2006年 04月 27日 *
<ライブドア>堀江被告、検察と全面対決したまま保釈  | Excite エキサイト : ニュース

ウチってさ、東京拘置所からそう遠くないのよ。朝からヘリコがブンブンうるさい。 

朝のニュースから、今か今かと待たされ続ける大報道陣。春らしくない冷たい雨が降っているにもかかわらず、ご苦労さん。

聞けば、東京地検が申し立てた準抗告を地裁が審理し始めたのは、午後5時ごろだったというではないか。そいうこと、誰も知らされないのかね。た~だ、1日ムダに待っていたなんて…。

私も今日は1日家にいたので、ずっとテレビをつけてしまったではないか。いつになっても釈放されず、イライラさせられたよ~。

最後の最後で、手荷物の検査などに手間取ったらしく、保釈されたのは、10時近かった。中継してたのはNHKのみ。おいしかったね、NHKサン。

拘置所から出てきた堀江被告、すっきりスマートになっていた。あらあ、ハンサムになってるじゃん! よかったねぇ、ダイエットできて(違うって)。

保釈後の第一声は、激しいフラッシュの嵐と大騒ぎでかき消されたが、こんなこと↓を話していたという。

「世間をお騒がせし、申し訳ありませんでした。ライブドアの株主、従業員、関係者の皆様、ご心配をお掛けし、申し訳ありませんでした。また、大勢の方からご支援、励ましを頂き、ありがとうございました」

ほぉ、殊勝ではありませんか。株主が一番最初に来たところが、彼らしい。たぶん練りに練った言葉だったんだろう。

今後、会見を開くのかな。逮捕前と変わらぬ堀江節を聞かせるのだろうか。それとも3ヶ月に及ぶ拘留で、少しは変わったのか。いや、変わるくらいなら、とっくに容疑を認めているか。

それにしても、たった1人の若者の保釈に、日本中が大騒ぎ。ホリエモンは、まだまだ特A級の大物なんだなと思った。みんな、良くも悪くもこの日を待ってたんだ、きっと。

正念場である裁判はこれから。でも、今日のところはゆっくりお休みください。
[PR]
by Suzie(すぅじぃ) by cafesuzie | 2006-04-27 23:53 | ニュース *
2006年 04月 26日 *
まったくニュースのある日は、やたらにドシャドシャ重なる。マーフィの法則?(←古いね)

姉歯元建築士をはじめとする耐震偽装問題の8人衆、逮捕とか、堀江被告の保釈が認められたとか、高校生の写真店主殺害事件とか、忙しい忙しい(って、私じゃなくマスコミの人が)。

この有名シェフの逮捕だって、普段ならもっと大きく扱われてもいいと思うが、エキブロニュースでは、探すのに苦労したほどし、夕刊には掲載すらされてなかった。

大麻所持で有名シェフ逮捕 サミットで伊首相の料理人 | Excite エキサイト : ニュース

「警視庁は26日までに、大麻取締法違反(所持)の現行犯で、東京都港区南青山のレストラン経営会社「リストランテ・ヒロ」社長で総料理長山田宏巳容疑者(53)を逮捕した。
山田容疑者は2000年の沖縄サミットでイタリア首相の専属料理人を務め、現在は都内や名古屋市、兵庫県芦屋市などで6店舗を経営する有名シェフ」


有名シェフというから、だれかと思ったら、リストランテ・ヒロの山田サンだった。取材したことはないが、青山店でランチを食べたことはある。

有名店の割には、店内は狭くて窮屈な感じ。スタッフもけっこう偉そうだったな。

味の方は、もう随分前のことなので、記憶が定かではないが、塩味がきつめだった気がする。よくいえば、イタリア風。また行きたい思わなかったのだから、感激するほどの味ではなかったようだ。

あの料理を彼がつくっていたわけではないだろうが(たぶん弟子)、ラリって料理していたのかと思うと、ガッカリ。

この方、以前にもバイクだったか車だったかで人身事故を起こし、しばらく謹慎してたりして、何かとお騒がせな人のようだ。人は悪くはないのかもしれないが、おそらく、相当な遊び人だと思われる。

シェフというのは、元来遊び人が多い職種。遊ぶ余裕がなければ、独創的な発想も生まれないだろうから、当然といえば当然なのかもしれないが。

でもね、大麻はダメでしょ、大麻は。珍種のハーブとして、料理に使おうとしていたのか? バカな、料理には使えんだろうが(あ、でも、「大麻料理」ての、どこかで聞いたことある…)。

所持容疑だが、逮捕されたということは、常習していたからか? 今後取調べが進めば、明らかになるだろう。報道されないかもしれないけど。 

東京拘置所で、堀江被告とニアミスだろうか。拘置所で料理をつくって、堀江被告に最後の晩餐を振舞ったりして(笑)。

出所したら、恵まれない子供たちやお年寄りに、1年くらい無料でランチをサービスするとか、料理人ならではの償いをしてほしいものです。

[昨日のオマケ]
[PR]
by Suzie(すぅじぃ) by cafesuzie | 2006-04-26 23:23 | ニュース *
ページトップ
The Original Skin by Sun&Moon