(すぅじぃず・にゅうす)
suziesnews.exblog.jp
Top
<   2004年 11月 ( 23 )   > この月の画像一覧
*
by Suzie(すぅじぃ) *
2004年 11月 30日 *
 八百屋へ行ったら、「おねえさん」といわれた。堂々たるオバ年齢の私だが、見ず知らずの人に「おかあさん」とか「おばさん」とかいわれるのは、気分悪い。特に「おかあさん」にはアレルギー反応を起こす。わたしゃ、アンタの母親じゃないよっ!といい返したくなる。

 だからさ、リップサービスだろうがなんだろうが、「おねえさん」はうれしいのさ。(*^^*)。

 姉が父の遺品の整理にやって来た。家の行く末のことも話した。考え方の違いに愕然。う~む、それには賛成しかねる……。


 今日友人に父の享年を聞かれた。そういえば、訃報には書いてなかった。享年79歳。けっこうジイさんである。日本人男性のほぼ平均寿命だから、短くもなく、長くもない。世間的にいえば、ありふれた年寄りのガン死なのかもしれない。

 もし、母が生きていたら、これも寿命だからと、諦めも早かっただろう。でも、母は私の高校時代にとっとと死んでいる。まだ40歳台。今の私より若かった。それを考えると、母の分までもっともっと長生きしてほしかった。

 母というクッションがなくなった分、父との距離は離れてしまっていたが、それでも晩年、少しずつよい関係になってきた。もう少し生きていてくれたらな、と思う。

 父の死は徐々に受け入れられるようになったが、今度は両親がいなくなったというたまらない喪失感を、覚えるようになった。まるで、自分のルーツがなくなったような感覚がするのだ。

 ルーツなんて、我が家に大げさな系譜があるわけではないが、もう私の生まれた頃や子供時代を詳しく知る人は、いなくなってしまった。ささいなことだけど、やっぱり寂しい。

 親をきちんと送るのも子供の勤め、だとしたら、私はもうそれを果たして、肩の荷を降ろしたことになる。これからは自分の人生を、好きなように歩けばいいのだろう。

 でも、なんとも心もとない。上(親)を向いても、横(夫)や下(子供)を見てもだれもいない、ナビのいない状態だからだ。

 いったい私はどっちへ向かって歩いていったらいいのだろう? 本当に風来坊になってしまった気分だ。こうなりゃ、風に身を任せて、行き着くところまで吹かれていくしかないのかな。
[PR]
by Suzie(すぅじぃ) by cafesuzie | 2004-11-30 19:41 | 雑感 *
2004年 11月 29日 *
 9時に家を出る。向かうはKDDIの本社。飯田橋と水道橋の間に、インテリジェントビルが立ち並ぶオフィスビルエリアにある。

 こんなところにこんなすんごいオフィスビル群が建ってたなんて、管理人、ぜんぜん知りませんでした。JR貨物の跡地だったようで。東京の変化は激しくて、ついてけませんな(オヤジ入ってる)。

 カッコいいインテリアの受付には、来客と思しき黒服のオジさんたちが、ワンサカ群がっている。すごい光景。週明け一番のKDDI詣でなのか、初めて見る大企業の朝の光景だ。ああ、私にはまったく縁のない世界が広がっていた。

 オフィスの中だって、前面ワイドなガラス張りで、ラクーアの観覧車がすぐそこに望め、景色い~い、ってゆうか、仕事したくないリゾート環境。こんなビルなら、毎日通勤してもいいかなあ。ビシッとスーツを着て、首から身分証をぶら下げて……なんて一瞬思う。

 でも、ここだって、たぶん圧倒的な男性優位社会。内情は知らない方がいいに決まっている。職場の花にも彩りにもなれないオババはいらんて。

 取材は順応に進み、昼前には終了。来たときは地下鉄を乗り継いできたが、帰りは……歩いて帰ってしまった。

 飯田橋からジムショのある文京区のSまで、前に自転車でこの近辺まできたとき、確か35分くらいかかった記憶がある。歩けば優に1時間半近くはかかるはず。でも、天気はいいし、エキササイズにもなるし、交通費の節約にもなるし、何より歩くの好き!だから、と思ってスタスタ歩きはじめた。

 ところが、歩き出したら、あっという間にラクーア、シビックセンターも目の前だ。な~んだ、近いじゃん。途中パン屋に寄ったり、東大の中をブラブラしたから、多少のロスはあるが、1時間もかからなかった。たぶん直行すれば、40分くらいだ(何で、チャリとさして変わらないのか?)。

 わが町、Sは地下鉄1本しか走ってないけど、かなり便利な場所にあることを実感。どこへ行くにも近い。こりゃ、原付バイクの免許でも取れば、どこでもス~イスイか。今まであまり意識したことなかったけど、山手線内に住むって、すごいことなのかも?!
[PR]
by Suzie(すぅじぃ) by cafesuzie | 2004-11-29 22:11 | 散歩 *
2004年 11月 28日 *
今日もピーカン。風もなく、暖かだ。ご朱印仲間のゆうきさんに誘われ、門前仲町へ出かけた。富岡八幡宮や深川不動などを回るのだ。

 深川不動は市が立っていて、かなりにぎわっていた。参道に揚げ饅頭で知られる宮月堂を発見。お参りもしない前に、さっそくご購入。

b0037223_1457232.jpg 深川不動は富岡八幡宮に比べて、知名度は今ひとつな気がするが、成田山新勝寺の東京別院なんだそうな。にぎやかで庶民的なお不動さんだった。

 ゆうきさんは、大き目のご朱印帖に堂々としたご朱印をいただいていた。私はご朱印帖を忘れたので、写しをもらう。しかし、写しはその場で日付を入れただけのようで、文字も小さく、貧相だった。料金は同じなので、ちょっと損した気分。

 富岡八幡宮にも行ったが、私は喪中の身。神社には、お参りはしてはいけないらしい。遠めに参拝客を眺めただけにした。

 そろそろお腹が空いてきた。深川へ来たら、深川めしを食べて帰らねばならないだろう。深川めしとは、いわばアサリの味噌汁ぶっかけご飯なので、「すんごいおいしい!」というほどのものではないが、そういえば、まだ深川では食べたことがない。

 参道にある「深川宿」という老舗に入るが、「これから団体客の予約が入っているので、30分以上お待ちいただくと思います」といわれ、清澄白河にある本店に向かう。健脚自慢?の私たちは、待つより歩く方を選択する。だって、15分程度だもの。

 店には4~5人のウエイティング客がいたが、ほどなく中に入れた。

 b0037223_025797.jpg深川めしとアサリの炊き込みご飯がセットになった定食2000円。強気の値段だ。ミニ懐石でもあるまいし、庶民の味なのに高いよ、と思ったけど、「初めての方は、セットがおススメ」と女将らしきオバさんに乗せられ、従順な観光客はそれを注文する。ちっ、両方食べたい女心をくすぐりおって。

 ここ、かなりの商売上手。料理を待っている間に、「お土産の試食」と称して、アサリの佃煮やつまみ向きのおかきや豆の小皿を回してくる。もちろんほとんどの人は買わないが、たまに女将の策略に引っかかるカモ客もいる。

 しかし、料理はなかなかおいしく、デザートもついていて、お腹いっぱいになった。まあ、満足したから許す。

 食後は、店の目の前にある深川江戸資料館へ。実物大の江戸の町が再現されている資料館だ。来たのは2度目だが、家の中に上がりこんで、見学できるのが楽しい。

 狭い庶民の家。今でいうワンルームだ(ただし、バス・トイレなし)。テレビやパソコン、冷蔵庫など、モノがない分、すっきり暮らせそう。

 ベッドは折りたたみ式(つまりフトン)、食事はまんまスローフードの粗食、風呂はたぶん行水(銭湯はあったのか?)、情報収集は井戸端会議の口コミ。究極のシンプルライフだ。ちょっと憧れるかも。でも、暗くて寒いのは嫌だな。

 出てきても、まだお日様はたっぷり。門前仲町まで戻って、お茶して帰った。ほのぼのした江戸情緒散策だった。

 こうして、ゆっくりリハビリ。明日は仕事だ!
[PR]
by Suzie(すぅじぃ) by cafesuzie | 2004-11-28 22:05 | 散歩 *
2004年 11月 27日 *
 今朝1週間ぶりに体重計に乗った……。

 ここ1ヶ月近く、家に篭りっきりで、運動らしい運動はしてなかったし、体力を落としたくないからと、三食腹いっぱい食って、もちろん管理人に付き物の甘味は、必ずたっぷり摂取。それでもなんだか、お腹がすいて、以前はほとんどしなかった間食も、しょっちゅうするようになっていた。まさにデブオバ養成生活。

 1週間くらい前、恐る恐る体重計に乗ったら、ひょえっ、危ない危ない。黄色信号体重。それでも、食事の量をちょっと減らせば何とかなるさ、ぐらいに思っていた。気休め程度に量を減らし、気まぐれに散歩もしてみた。

 1週間経った。そして、再び今朝体重計に乗った。
 ぐゎ~~~ん! ぬわんと減るどころか、大台目前!  あってはならない事態です!

 散歩に励みはしたが、所詮散歩は散歩。ダイエットしたいなら、本格的にウォーキングしなくてはダメなのだ。これまで精神的ダメージの修復の方に重きを置いていたので、体重管理なんてところまで気が回らなかった。

 私のダイエット法はプチ断食や野菜ジュースダイエット。友人のペンちゃんはマイクロダイエットを取り入れているようだが、私は金をかけたくないので、もっぱら安上がりなこの方法で乗り切ってきた。

 しかし、なんとかせねば、最早一刻の猶予もならない!との思いとは裏腹に、即ダイエットする気にならないのは、なぜ?

 というのも、このデブ養成期間中、私は夜は自炊して、ひじきや大根の煮物、豆乳鍋など、けっこう健康的な料理をつくって食べていた。だから、これはこれで、正しい食生活なのでは、という気がするのだ。ひょっとして、これが適正体重?なんて思ったりして。

 確かにBMI標準体重を計算すると、今の体重をはるかにオーバーした数値が適正と出る。そして、ご丁寧にも「痩せすぎ」と指摘してくれる。でも、その適正数値は、どう考えても大デブだと思うが……。

 ただ、ジーンズがきついのは困るし、たぶんコレステロール値も高くなっているはず。ダイエットというより、健康のために、間食をやめ、甘味のドカ食いを控え(そんなことやってたのか? やってた。反省(--、))、全体の食事の量を少し減らしてみようと思う。

 明日から(今日はどーした?)そんなゆるゆるダイエットに、励んでみようっと。
 
[PR]
by Suzie(すぅじぃ) by cafesuzie | 2004-11-27 21:41 | ダイエット・美容 *
2004年 11月 26日 *
 人が死ぬと、葬儀に続いて、年金などの公的なものから、生保などの私的なものまで、幾多の手続きに、法要の手配など、ほとんど悲しんでらんないっ!くらいやることが待っている。

 そういった面倒な作業は、遺族に落ち込む有余を与えないために用意されている、と聞いたことがある。確かにそうかもしれぬ。でも、それにしても多いよっ!

 今日も四十九日までにやらなければならない墓石関係の手配を、葬儀屋さんに指摘され、慌てて連絡に走る。母の墓をお願いした石屋を探さねばならないのだが、30年も前のことなんて、知らないよ。父がすべて仕切っていたんだもの。

 書類のありそうなところを探す。だいたい私は失くし物は大得意だが(いばれネー(^o^))、探し物は超下手だ。もおぉ、「お父さん、どこよ!」って、本当に聞きたくなる。

 必死に探して、どうにかそれらしき書類を発見。石屋に(今もあって、よかった)何とか連絡がついて、法要に間に合うように手はずを整えた。ひとまず安心。

 他にも公共料金の名義の書き換えとか、各種支払いの口座変更とか、あ~あれもあった、これもやらなきゃいけないのか、と日が経つに連れ、作業は減るどころか、どんどん増えていく。

 改めて、世の中から人1人がいなくなるってことは、大変なことなんだ、と実感する。父なんて仕事は完全に引退していたし、社会的地位があったわけでもない。そんな人でも、た~くさん社会とのつながりはあったのだ。

 この作業は、生きていた人の痕跡をひとつひとつ消す作業に他ならない。こうすることで、肉親の死を徐々に受け入れられるのかもしれないけど、やっぱり寂しいよね。

 超高齢化社会になって、「長生きするリスク」なんて、長寿ばかりがいいことなのか、危惧する論調もあるけど、たとえ意識がなくても、痴呆になっても、生き続けることはすごいことだと思う。

 だってだって、人間死んだらおしまいよ、ほんと。
[PR]
by Suzie(すぅじぃ) by cafesuzie | 2004-11-26 20:56 | 雑感 *
2004年 11月 25日 *
 都バスに乗った。管理人、普段はバスにはほとんど乗らない。しかし、浅草へ行くときだけは別だ。実家からは、バスが一番早い交通手段だからだ。

 浅草へは位牌をつくるために出かけた。何せ、浅草から田原町にかけては仏具屋の宝庫だもんね。

 バスの時間はわからないので、早めに家を出る。バス停にある時刻表を見ると、10時台は、なんと2本しか走ってない。早めに出て来てよかった。

 待つこと7~8分、バスが来た。おお~っと、中はすごいことになっていた。本数が少ないからか、激混雑! まるでラッシュアワー並みだ。それも平均年齢70は、優に超えていると思われる、電車ではまずお目にかかれないジジババのギュウ詰めラッシュ。老人臭ムンムンの熱気あふれる(?)車内だった。

 それにしても、こんなに乗っていても、現金で運賃を払った人は、どれほどいるのだろうか? ほとんどが、無料パスを見せるだけの人ばかり。

 しかし、高齢者が都バス好きなのは、無料パスがあるからだけでもないことが、叔母の話で明らかになった。叔母も無料パスホルダーだが、バスは電車のように階段の上り下りがないのがいいという。な~るほど。

 時間はあり余っているから、遠回りでもいいし、行動範囲もそれほど広いわけではないし、面倒な切符の自販機と格闘する必要もない。してみると、やっぱりバスは高齢者にぴったりの移動手段なのだろう。

 でも、人間足腰から衰えが来るんだから、あんまり楽に走っちゃいけませんよ。たまには電車も使おうね。

 なんて、将来、私もきっとあれこれ調べて、無料パスを目いっぱい活用するセコいバーさんになるんだろうな。ちょっぴり自分の老後を考えたジジババ満載のバスの車内だった。
[PR]
by Suzie(すぅじぃ) by cafesuzie | 2004-11-25 20:15 | 生活雑事 *
2004年 11月 24日 *
 家族サポートの会(興味のある方はこちらをご覧ください)に、久々に顔を出した。遺族会ではないので、私が出るのはふさわしくないのかも、と思ったが、7月下旬に行ったきりにしていたので、少々その後を報告したい気持ちになった。

 今日参加していた方は、いずれも夫がガン患者で、現在闘病中という人ばかりだが、私の気持ちをよく察してくれ、いろいろなアドバイスを与えてくれた。少し元気をもらった気がする。お互いここでしか会わない、半ば知らない人なのにありがたい。でも、私ばかり話して、申し訳なかった気もする。

 家族会はお昼に終わり、天気がよかったので、赤坂から国会議事堂の脇を通り、日比谷公園を抜けて、有楽町まで歩いた。都会の真ん中だけど、樹木が多く、散歩にはもってこいだ。

 議事堂脇はイチョウ並木。今年は気温が高いので、葉の色づきは今ひとつとのことだが、ほどほどに黄葉していて、きれいだった。私が家に篭っていた間に、街はすっかり秋色に衣替えしていたのね。ウラシマばあさんの気持ち。

 有楽町で買い物をして帰途についた。にしても、右肩が痛い。昨日コケたからか。倒れたのは左側なのにな。太腿に筋肉痛が走るのも、昨日のサイクリング&コケのせい? それとも歳のせい?

 さっきテレビを見ながら、転寝していた。いかんな、風邪ひくぞ。なんだか、とっても疲れた。今日はさっさとお風呂に入って、寝るとするか。ああ、とりとめのない……。
[PR]
by Suzie(すぅじぃ) by cafesuzie | 2004-11-24 20:07 | 散歩 *
2004年 11月 23日 *
 今日もホンに気持ちのいい小春日和。でも、今週末あたりから、そろそろ寒くなりそうな気配。冬本番に備え、羽毛フトンを確保しておきたくなった。

 というのは、引越ししたときは、羽毛フトンはジムショで使おうと思っていた。だが、状況が変化して、こんなに実家に行ったきりになると、最早ジムショにおいとく意味はない。実家で使いたいのだ。冬がやってくる前に、取りに行かなくちゃ。

 しかしなあ、あんな嵩張るものを、どうやって持ってくるんじゃい? やっぱ、「愛車チャーリー」の出番か。

 そういうわけで、雨の心配の全然ない小春日和の今日、フトン奪取を敢行した。ジムショまでチャーリーで行くのは、初めてだ。いつも途中駅から歩いているので、おおよその道順はわかっている。ではいざ、しゅっぱ~つ!

 途中、やや迷った交差点があったが、無事到着。約40分のミニサイクリングであった。

 しかし、実際に改めて見ると、ブツは手強い。重くはないが嵩張る嵩張る。こんなの、荷台に乗るかよ。いささか不安になる。

b0037223_19273082.jpg 仕方がない。ヒモで思いっきりしばいて、積んだ。こんな感じ→。これでも小さくなった方なのだ。あ、これがチャーリー、完璧なママチャーリーだ(^o^)。

 サドルに腰掛けると、背中が圧迫され、座るところが狭い。お尻にサドルが食い込み、痛いよ。不安定で危うい感じだが、走り出してみると、重くはないので何とかなりそうだった。

 帰りは往路とは違う道順にした。空いてる道を通ったので快適な走り。お尻も気にならなくなった。

 隅田川沿いに出る。あの国松警察庁長官が狙撃されたことで有名になった巨大マンション群を横目に、きれいに整備された河岸道路をス~イスイ、気持ちい~い! 調子こいてスピードを出して走っていたら……コケた。オーマイガッ! カーブを回りきれず、バランスを崩したのだ。荷物のあることを忘れていた。

 しかし、幸いケガはなし。明日どこか痛いところが出るかもしれないけど。帰りは35分。早かったな。

 こうして、管理人は無事フトン奪取に成功しましたとさ。
[PR]
by Suzie(すぅじぃ) by cafesuzie | 2004-11-23 20:12 | 散歩 *
2004年 11月 22日 *
 友人のペンちゃんと会った。父の死後、ずっと実家に篭っていて、ご近所の友人には会ったが、遠くに住んでいる友人に会うのはお初のような。

 ペンちゃんは、私が9月まで住んでいた山の手のK町近くに住んでいて、現在のジムショは最早ご近所とはいいかねるが、わざわざジムショ近くまで来てくれた。のびのびになっていた谷根千散歩をするためだ。

 振り出しは日暮里。だが、午前中だったので、谷中銀座は開いてない店が多く、人通りもまばらで、閑散としていた。やっぱり商店街が一番活気づくのは夕方か。

 活気のない商店街はブラブラしようがないので、早々にランチ。フランス料理屋(谷中にゃそんな店もある!)に入り、カジュアルフレンチをいただく。その後、ジムショへ来てもらい、お茶。久方ぶりに会ったので、積もるグチをぶちまけてしまった。

 帰りは根津神社経由で。しかし、改めて案内すると、大したみどころもなく、ガイド(管理人)の力量不足を露呈してしまった。わざわざ来てくれたのに、物足りなかったかも。ごめん。

 根津から上野へ抜けるコースや、本郷方面へ足を伸ばすコースもいいかもしれない。まだまだ改良の余地ありだ。また、別コースを考えておくから、懲りずに来てね。

 それにしても、本当に穏やかな小春日和。帰りがけに車椅子のお婆さんと娘らしき親子を見かける。父がもう少し生きていてくれたら、私も今日あたり車椅子を押して、散歩していたかもねぇ。あ、もういうまい。
[PR]
by Suzie(すぅじぃ) by cafesuzie | 2004-11-22 20:03 | 散歩 *
2004年 11月 21日 *
 やるだけやった、とはいわないが、あとは野となれ山となれってなもんで、臨んだ試験。でも、やっぱり圧倒的な勉強不足は否めず、野にも山にもなれなかった。心証的に「できた」の手応えはない。

 だぁって、勉強しなかったところが出たんだもん。過去問で取り上げてないところばっかりだったんだもん……。いい訳タラタラ(;^^)。ま、終わってしまったものは仕方がない。ダメだったら、来年もう一度出直すだけさ(そこまでして、取る必要があるのか?)。

 受験会場は新宿にあった。管理人、都会に出るのは、実に1ヶ月ぶりくらいだ。日曜の新宿、すごい人込みだ。あまりに久々だったので、人込みの毒気にすっかり当てられてしまった。つ、つかれるぅ~。

 すぐに撤退したかったが、明日の朝のパンがないので、小田急のデパ地下で、トロワグロのパンと夕飯用の弁当だけ買って、後は伊勢丹やタカシマヤのデパ地下にも、東急ハンズや紀伊国屋にも(もとい、地元にもあるわい!)、南口の電気街にも寄らず、一目散におウチへ逃げ帰ってきた。

 あ~都会は怖い(特に新宿)。まっすぐ歩けないもの。田舎の引き篭もり生活にどっぷり漬かり、人込み耐性が弱くなったトホホな管理人です。
[PR]
by Suzie(すぅじぃ) by cafesuzie | 2004-11-21 20:13 | 生活雑事 *
ページトップ
The Original Skin by Sun&Moon