(すぅじぃず・にゅうす)
suziesnews.exblog.jp
Top
<   2005年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧
*
by Suzie(すぅじぃ) *
2005年 01月 31日 *
漫画家の中尊寺ゆつこさんが、今朝8時45分、死去した。

別に彼女の絵のファンだったわけではない。とゆうか、ほとんど読んだことがない。「オヤジギャル」という言葉の生みの親、その程度の認識だが、そのあまりにも若い死に驚くのだ。

S状結腸ガンだったそうだ。若いので進行が早かったのだろうか。「昨年夏ごろから体調を崩した」とあるので、約半年の闘病だ。短い。ガンはあっという間に、若い命を奪ってしまった。

毎日新聞の「本日の訃報」の中では、図抜けて若い42歳。管理人より若い。ちょっとショック……。

女の子と男の子の二人の小さなお子さんがいたそうだ。まだまだ、やってあげたいこと、やりたいこといっぱいあっただろうに。

最近、ガンは直る人も少なくないので、かかったら即、死に至る病ではなくなりつつあるけど、やっぱり亡くなる人はいる。

特に発見時に、ステージⅢ~Ⅳだと、完治しにくいのは確かだ。若い人は目立つからか、亡くなるケースが多い気がする。健康を過信しているから、発見が遅くなるのかもしれない。

平均寿命が延びて、90歳以上生きる人が珍しくない一方で、さっさと早世する人もいる。そういや、私の母だって43歳で死んでたよ。

人間は平等ではない。当然人生の長さも平等ではない。そんなのわかっちゃいるけど、普段は忘れて、老後はどうする?なんて、漠然と考えている。

考えること自体は悪いことではないけど、人生の期限は人それぞれなんだ、と改めて思い知る。本当に老後が来るのかどうかは、誰もわからない。

あ~やっぱり、期限切れにならないうちに、先延ばしにしないで、やりたいことやって、食いたいもの食っておこう。さっさと、チェックしたいお菓子も買いに行かなくちゃ(どうしてそこに落ちるか)。

人生の期限について、考えさせられた同世代の訃報でした。
[PR]
by Suzie(すぅじぃ) by cafesuzie | 2005-01-31 20:56 | ニュース *
2005年 01月 30日 *
今日も今日とて木を切った。

プラプラ庭木をチェックしていると、お隣のベランダにお邪魔している大枝を発見!

隣人は人のよい家族で、文句ひとついって来ないが、この枝振りじゃあ、たぶん随分前から迷惑していたに違いない。特に夏場は大変だったのでは。申し訳ない。

しゃーない。手の届きそうなところを切ろう。しかし、今度のミッションはこれまでに比べて、難易度が高い。枝が高いので、脚立に乗らないと切れないからだ。

とにかく取り掛かる。腕を上げて切るので、疲れる。ギーコギーコ少し切っては休み、休んでは切るを繰り返す。

3分の2くらい切ったところで、枝がグワッシと鈍い音を立てて傾き、隣家のベランダにもたれかかってしまった。おいっ、そっちへ行っちゃダメなんだよ! も~お。

しかし、枝は相当重くて、こちら側へ引き寄せそうとしても、ビクともしない。え~どうしよう。隣家に事情を話して、枝をこちらに押し返してもらおうかしら。

でも、その前にもう少し切り進んでみるか。足場をもっと背の高い脚立に変えて、気を取り直して「切り」に戻る。

5分の4くらい切ったところで、枝に変化が訪れた。動き始めたのだ。よしよし、こっちへ来い。

全部切り終わると、大枝はズズズとゆっくり動き、こちら側へ落下してきた。枝がワサワサしているので、すんなり落ちては来ないが、軍手をはめて、思いっきり引っ張ると、ズズ~ンと地面に落ちた。

やった~!

それにしてもこんなでかい枝を、私は切っていたのか。しばし、放心。さ~て、これからどうするか。

ズルズルと、中の広い場所まで引っ張ってきて、枝の解体をはじめる。しかし、解体は切り出しに比べれば、意外と楽。

ただし、「何でこんなことやらにゃならんのか」、「あ~あ、疲れたよぉ」などと、ブツブツ独り言をいいながらの作業だ。

今日は解体まで。束ねてゴミに出すのはまた明日。いつまでこんなこと続くんだろう? まだ、気になるところあるんだな、これが。
[PR]
by Suzie(すぅじぃ) by cafesuzie | 2005-01-30 21:03 | 庭仕事 *
2005年 01月 29日 *
ボヤボヤしてると、ニュースから取り残されちゃう。

天敵?エビ(個人的な恨みはないが)、会長辞任→顧問就任→顧問辞退と、巡るましく事態は進む。

顧問就任には6500件(一部夕刊紙では10万件)の抗議殺到とか。電話を受けたコールセンターはさぞやパニック状態だったろう。コールセンターのスタッフに、ご同情申し上げる。でも、エビのせいだ。

NHKは読みが甘いよ。エビは頭を丸めて(ああ、もう丸まっていましたねー(^o^))、無位無官、タダの人になりなさい。

もうひとつ注文。新会長の橋本元一さんて人、61歳だそうな。適材なのかもしれないけど、本気で改革に取り組む気があるなら、もう少し若返られないものかね。

せめて50代の人材はおらんのか。ジィさんばっかり。ジジの椅子取りゲームは、つまらんし周囲が迷惑するだけ。

今日の朝日新聞夕刊の「素粒子」。「名所『NHK庭園』案内」と称して、エビを「海老」にたとえて、思いっきり揶揄してる。

「エビ:茨城産、政治部育ち、大池(NHK)に長期生息するも、不正頻発で引責、顧問池に移送」。その後「抗議殺到で、すぐ撤回。足元頼りなし」と続く。

さらにご丁寧に「注意」まである。
「世間に疎い閉鎖式庭園なので、散策中呼吸困難になります」。

さすがNHKvs.朝日新聞。きっつーい内容でござる。新聞紙上で「エビ」呼ばわりはすごい! ここまでいうか。いってもぜんぜんいいけど(^o^)v。

どうも、管理人はエビが嫌いである。この世は自分中心に回っていると、誤解しているような妙な自信満々な態度、傲慢な言動など。

しかし、何が嫌いって、なんたって「顔が嫌い」なのだ。いかにも悪徳お代官ヅラで、女グセも悪そうだし(知らないが)、ヌラヌラしてて気色悪い。できれば、もうテレビに出てこないでほしい。

話変わって、地震の解説で、頻繁にテレビに登場していた東大地震研究所の都司嘉宣助教授のその後の追っかけ情報(04年12月28日ブログ参照)。

私、助教授だというし、あまり貫禄が感じられないので、てっきり30代後半くらいで、私よりずっと若いと思っていたら、なんと御年57歳! え~本当かよ。ぜんぜん見えないよ。若いよっ、都司さん! 

たぶん彼は学者バカってやつですか、出世には関心なく、研究一筋で学究生活を送ってきた人なんだろうな。だから、いまだに助教授どまりで、年もとらない……

なんて、勝手に想像しているだけで、真相はわかりませんが。エビに都司さんの無欲さを、ほんの少しでも見習ってもらいたい気がする。

権力欲の塊とそれに背を向けた人の差。すごい対照的な2人。生き方ってものすごく顔に現れるんだなと、改めて思った。
[PR]
by Suzie(すぅじぃ) by cafesuzie | 2005-01-29 22:34 | ニュース *
2005年 01月 28日 *
今日こそは消さずに、アップしたい。

美容院に行った。カットとカラーリングで初回のみ、5700円というチラシが入っていたのだ。どんな店だろうか、何の予備知識もなく、地図をたどって試しに行ってみる。

果たして、不思議な内装の店だった。

最近の美容院は、どこも小じゃれたつくりで明るくきれいだが、ここは壁一面にポスターや写真が、ベタベタと貼られ、雑然とした雰囲気。ヘアカットに関するものは一切なく、モダンアートやサッカー、アニメ、海外スターなど、ぜんぜん脈絡がないポスターなどだ。

いったいどういう趣味してんの、誰の趣味なのよ?といいたくなる。おまけに薄暗くて清潔感のない感じ。う~ん、なんか怪しげ。こんな美容院、見たことない。

それに常連だかなんだか知らないけど、タバコを吸う客がいたのにはびっくり。禁煙じゃないのか。喫煙客を美容院で見たのは初めてだ。店そのものの評価じゃないが、その客のいたことに減点1。

しかし、スタッフの対応はなかなかよい。技術も確かだし、かなりいい感じに仕上げてくれた。偶然だが、知り合いのライターもここに通ってきているらしく、話も弾んだ。

総合的に評価すると、悪くはないのだが、内装はやっぱり何とかしてほしい。個性的といわれれば、そういえなくもないが、私にはプータロ崩れのにいちゃんがやってる、キッチュで安っぽいカフェのように見えた。

次回は料金が2倍くらいアップするそうな。次も行くかどうかは、まだ未定だな。カットだけなら、1000円カットで充分だし。

夜はここのところ、年1回会っているタナバタ友人と会食。

場所は銀座のニューヨークテイストのフレンチレストラン。おいしかったけど、ひとつひとつのポーションが少な過ぎる。全部食べ終わっても、まだまだ半チャーハンくらいいけそうだった。

友人は私よりちょっぴり年上のお姉さま方。さすが年の功というか、今後の私の身の振り方に、いろいろなアドバイスをしてくれた。大いに参考になりました。T&Sさんありがとう!
[PR]
by Suzie(すぅじぃ) by cafesuzie | 2005-01-28 23:49 | ダイエット・美容 *
2005年 01月 27日 *
もおおぉ~、かなり長めに書いた今日のブログが、送信時に消えてしまった。何で消えるのさっ! どこにいったのよっ!

どうも、セキュリティソフトが原因らしい。ときどきフリーズしたり、エラーになったり、うまく送信できないことがある。

しかし、今日のはまいった。書いている途中も、動きがおかしいと思っていたけど、さっさと見切りをつけて、新しい画面にして書き直せばよかったのか。

どうせ、取るに足りない今日の出来事なんだけど、もう1回同じことを書くのはいやや。そんな気力はない。というか書けない。

ものすごーく簡単に書いておこう。

午前中庭仕事。一昨日切った枝をしばいて、幹を小さく切った。けっこうハード。

午後、昨日もらい損ねたコンタクトを取りに行った。帰りに郵便局本局で、不在で受け取れなかった郵便物をピックアップした。

この郵便物はプロバイダからの小切手。去年プロバイダを乗り換えたとき、何かのキャンペーンをやっていたらしく、その賞品とか。ぜんぜん知らなかったので、得した気分。

結局両目のレンズを買ってしまったコンタクトは、余計な出費だったけど、こんな思わぬボーナスもあるもんだ。でも、まだまだ帳尻合わないけどね。

だいたいこんな内容だった。簡単に書けば、これで終わるモノを、何で長々書いたんだろ。

でも、悔しい、くそぉ。これからブログを書くときは、セキュリティソフトをはずしてからにするか。
[PR]
by Suzie(すぅじぃ) by cafesuzie | 2005-01-27 21:46 | その他 *
2005年 01月 26日 *
夕方からかつてのご近所宴会仲間、ペンちゃんと、「ご近所でない宴会」をする予定だったが、あいにく朝からみぞれ混じりの雪。

雪がやまなかったら、延期にしようと連絡しあった直後、雪は小止みになった。やれやれ、大丈夫なようだ。

約束の5時半までは時間があるから(今日ヒマなの)、ケーキでも焼こうかな、と思って、ネットでレシピを検索していたら、有り合わせの材料でできるお手軽レシピが見つかった。おお、これがいい!と思って見ていた矢先、先週仕事をした編集者から電話。

クライアントから原稿の訂正依頼を受けたが、要領を得ないので、可能なら、もう一度取材に行ってほしい、という。取材は今日の5時。

え~、そんなぁ。雪が止んで、宴会に行けそうになったのに。

一度は断ったが、ややこしそうなことをいっていたので、やっぱ行った方がいいか……。機動力のないライターと思われてもイヤだな(フリーは辛いよ)、仕事優先にすべきか(マジメな管理人)、と思い直し、再取材にシブシブ(?)同意する。

ペンちゃん、申し訳ない。また今度。しかし、実際私の方がストレス解消したかったんだよな。う~たまるぅ。

天気は回復。取材の材料を取りに、ジムショへ行かねばならなくなった。ケーキづくりも中止。

お昼頃、ジムショに到着する。雑用をすませるが、5時までは時間が余ってしまった。そうだ、なくしたコンタクトレンズを買いに行こう。

買った店へ、電話で確認すると、午後は2時からとのこと。このコンタクト店は、御茶ノ水にあるでっかい眼科医院の付属店。

コンタクトをつくるに当たって、医師の診察を受けねばならない面倒な店で、通常の店より、時間がかかりそうだ。

何しろ眼科医院そのものは、診察を受けるだけでも3時間、4時間待ちは当たり前。すべてが終わるのに、1日かかる、悲惨な激コン医院なのだ。

どのくらい時間がかかるのか、聞いてみると、だいたい1時間ほどで終わるという。意外と短い。

まあ、もう少し長く見積もっておいた方がいいかもしれない。でも、倍の2時間もあれば充分だろう、と思って、2時ぴったりに行った。

ところが、そんなに込んでないのに、検査や検眼、診察と、何度も名前を呼ばれ、引き回され、4時のタイムリミットにジリジリ迫る。

途中、看護師がいなくなり、ほおっておかれたりする。お~いおい、忘れないでくれよ~。

全検査が終了したのは、3時45分。よかった、何とか滑り込みで終わりそうだ。後は会計とコンタクトの引渡しだけ。

しかーし、待てと暮らせど呼ばれない。わたしゃここを4時に出ないと、間に合わないんだよっ!

結局、肝心のコンタクトを受け取る時間がなくなった。後で取るに来ると、いい残して出てきた。もう、時間かかり過ぎ。

そして、取材先へ。そんな思いまでして間に合わせたのに、なんだか電話確認ですみそうな内容説明で、ガッカリ。何のために予定を変更してまで行ったのか。ちょっとモヤット。いや、いっぱいモヤット。

なんかさあ、モノごとがカラ回りする巡り合わせの悪い日だったよ。
[PR]
by Suzie(すぅじぃ) by cafesuzie | 2005-01-26 22:44 | 仕事・キャリア *
2005年 01月 25日 *
朝はけっこう暖かかったので、庭に出てみた。

ネコ糞くさい。どこだ? クンクンクンクン、だんだん近くなってきた? もおー、私は犬じゃない、臭いだけでわかるかっ! 

木が鬱蒼としていて、ジャマくさい。急に切りたくなった。木こりの血がウズウズ…? 私って、前世は木こりだったのか?

ノコギリでギーコギーコギーコ……。もう慣れたもんさ。直径7~8㎝の木を切った。それを切り終えると、その先の木もジャマくさい気がしてきた。ええ~い、切っちゃえ~! 

ついでに、傍若無人に枝を伸ばし放題のサツキもバサバサ、バサバサ。あああ~、超すっきり! 

いや、ちょっとやり過ぎたか。近所の家の2階から丸見えになってしまった。姉が見たら、非難するだろうな。

でも、春になったら、他の木が枝を伸ばすだろうから、それまでだろう。

気がつくと、膨大な枝や幹の残骸。これを小さくしてゴミに出す大仕事が残った。とりあえず、今日は小さくしたところで、力尽きた。

午前中、ずっとそんなことをやっていて、腕が疲れたよ。明日は筋肉痛か。


今日は父の誕生日。元気だったら、80才になった。去年の誕生日、電話1本かけなかった冷たい娘の私。来年、こんなことになるなんて、想像もしなかった。もう一度誕生日を迎えてほしかった。

でも、今さら後悔してもはじまらない。

夕方、叔母がやって来た。二人でケーキを食べ、ちょっぴりお酒を飲んで誕生日を祝った。
「お父さん、傘寿おめでとう!」。
[PR]
by Suzie(すぅじぃ) by cafesuzie | 2005-01-25 21:54 | 庭仕事 *
2005年 01月 24日 *
吉祥寺へ出た。入院していたKさんが退院して、体調がよいのでランチでも、ということになったのだ。

ベトナム料理だった。お値段手ごろで、なかなかおいしく、デザートにはバナナフリッター、ベトナムコーヒーも飲んだ。ああ、お腹いっぱい。ダイエットは小休止。

Kさんはとても元気そうで、本当に病人なのって感じ。ただ、開腹手術を受けたので、一気食いやドカ食いをすると、腸閉塞を起こす可能性があるので、ゆっくり食べないといけないらしい。

でも、しっかり完食していたから、食べっぷりは以前と変わらない。

そう、以前と変わらない生活を送れるのが、一番。仕事も開始したらしいし、病気だからって、ヘンに引き篭もって、暗くなっている必要はないのだ。まだ、治療は続いているらしいが、がんばれがんばれ。

最近、入院したり、病気の疑いがあったりする友人があいついでいる。そういう年代なんだろうな。私も気をつけなきゃ、と思いつつ何もしない……。

ランチの後、ハモニカ横丁を見学。ニュータイプの鯛焼き屋を発見。ちょっぴりおしゃれな店で、鯛焼きでなく、「たい菓子」と称していた。でも、「たい菓子」じゃ、おいしくなさそうだよ。

とりあえず、おみやげに買ってみた(だから、ダイエットは小休止だってば!)。まだ、未食だけど、いずれ「おやつの時間」でアップしたい(アップしました。「あまねのたい菓子」をご参照ください)。


ジムショに帰ると、確定申告の書類が届いていた。またこの季節が来たのか、はぁ、とため息ひとつ。

実家へ戻ると、父の分の確定申告も来ていた(今日は全国一斉配布日なのか)。はぁぁ、とダブルのため息だ。

だって、父の分なんて、いったいどうやったらいいんだ? まだまだ、死去後の手続きはあるものだ。いつまで続くのか。はぁぁぁ。 
[PR]
by Suzie(すぅじぃ) by cafesuzie | 2005-01-24 22:41 | 生活雑事 *
2005年 01月 23日 *
悔しさもひと段落。なくなってしまったものは、仕方がない。だんだんと諦めと悟りの境地になった。あ、コンタクトの話ね。

しかし、ないと不便で仕様がない。早めに買いに行かなくては。

Back to yesterday evening.

夕べは高校の同期会だった。高校は下町の都立高校。来年度から中高一貫教育校になる、今ちょっとした注目の高校でもある。

同期会はだいたい3ヶ月に1回開かれている。新年会、お花見、暑気払い、忘年会に、その他同期の帰国や上京など、何かと理由をつけて、呑む機会をつくる。

去年後半の同期会は、父のことでバタバタしてたので、出られず仕舞い。今回私は久々の復帰。

夕べの宴会場所は、なんと両国からお台場の夜景を見る眺める水上バスだ。もちろん貸し切りである。幹事さん、なかなか粋なはからいをしてくれるじゃありませんか。

しかし、残念なことに、140人乗りの水上バスに集まったのは、たったの20人。通常の宴会でももっと参加者は多いのに、何でこんな楽しい企画に乗ってこないんだろう? 

と思ったら、どうやら、皆さん子供の受験がらみで、身動き取れない人が多いらしい。お父さんお母さんしている人は、大変ねぇ。

そんなわけで、ゆ~ったり大名気分で、水上散歩を楽しみました。

料理はおでんにから揚げ、大根サラダと、居酒屋のノリで大したものはなかったけど、140人でも20人でも、同じ料金なんだから、文句はいえない。スタッフだって、何人も乗ってたし、赤字ギリギリ?いや、赤字かもしれないな。

お台場の夜景を見て、約1時間半で再び両国の桟橋へ。私は仕事があったので、1次会で失礼したけど、帰ってからのバタバタを考えたら、2次会に行った方がよかったかも。コンタクトをなくさずにすんだかもしれない。シュン……。

ところで、何で、こんなに同期会が多いのか、知らない人は不思議に思うだろう。

異様に結束が固い学年だったのかというと、そうでもない。そりゃ、個人的には固い結束の人もいるだろうけど、私なんか20年以上ほとんど没交渉だった。

頻繁な同期会の開催には、きっかけがある。3年ほど前、25年ぶりの大同窓会が、下町の某ホテルで大々的に開かれたが、そのとき幹事がお互いの事務連絡のために、メーリングリストをつくった。

同窓会は盛況のうちに終わったが、そのときMLの存在を知った同期がどっと参加して、単なる事務連絡ツールではなく、いろいろな報告や宴会の企画を流す情報交換ツールになったのだ。私も同窓会後、入ったクチ。

でも、私は地味な高校生だったので、他組の人とはほとんど交流がなく、知らない人が多くて、同期会のお知らせがあっても、しばらくはリード・オンリー。

そのうち同期の1人に強く誘われて、初めて出席。出てみたら、けっこうおもしろかった。それに知らない人ばかりと思っている人は、私だけでなく、意外と多いことがわかり、ちょっと安心した。

そして、出席するたびに、だんだん顔なじみの人が増えて、次はいつなんだろうって、待ち遠しくなってきた。

旧交を温めるというのではなく、新しい知り合いが増える、そんな感じだ。でも、知らないといっても、同じ高校に通っていたという共通点はあるから、打ち解けるのは早い。これは強みだね。

次はお花見とか。夏の納涼屋形船宴会も、ぜひ実現してほしいなあ。幹事さん、またお願いしますね。
[PR]
by Suzie(すぅじぃ) by cafesuzie | 2005-01-23 21:48 | 生活雑事 *
2005年 01月 22日 *
ううぅ~、管理人、動揺を隠せません。

今しがた帰宅したんですが、化粧を落として、左目からコンタクトをはずした途端、パチンと飛んで、手から離れてしまいました。小さなレンズは、洗面所内のシンクに落ちました……。

カランカランとシンクに落ちた音がしたから。そう、間違いない。排水口近辺に落ちた感覚だった。

シンクはまだ使ってなかったので、ほとんど乾いていたが、排水口には少しばかりの水滴があった。最初は、そこに張り付いているものと思い、さして慌てずに見るが…ない。ようく見る。ん、ない?

管理人は強度の近視なので、裸眼でははっきり確認できない。メガネをかけて、もう一度じっくり探してみる。マジマジ……ない。手で触ってさらに確認。やっぱり、な・い!

ええ~、そんなあ、排水口の水を溜めるレバー(なんというのか)の隙間から中へ落ちてしまったのか。

それなら、まだ水を流してないから、何とか取り出せるかもしれない。手をこまねいてなんかいられない。さっさとレンズレスキューだ!

シンク下のS字になっている排水管を開け、下に洗面器を置く。上から水を流して、コンタクトを流し出そうという魂胆だ。排水口に引っかかっていれば、コンタクトは、必ずや水とともに流れ落ちてくるはずだ。

排水溝を通った水をすべて洗面器に溜め、ザルで漉してチェックした。ところが、コンタクトはない。流れてこなかったのだ。

かなりたくさんの水を流してみたが、排水口の汚れだけが、ザルに空しく引っかかっただけだった。

ない、ないのだ。つまり……なくなったのだー! 

レンズは落ちたとき、さっさと配水管の奥へ入ってしまったのだろうか? とにかく消えてしまったのは事実。

私のコンタクト生活は、もうかれこれ、27,8年続いているが(5歳のときつけ始めたから(^o^)……違うだろ!)、落としても、いつも執念と根性で見つけていたから、なくしたことなんて、1、2回か。お尻に敷いて、ヒビを入れたことはあったけど(;^_^A。

しかし、今のコンタクトは、もう10年くらい使っていたような気がする。だんだんと目のカーブにあわなくなり、時々痛いことがあった。そろそろ換え時だったのかも。

う~ん、そうでも思わないと、今後やらねばならない手間と、余計な出費に気持ちの整理がつかん。

動揺を隠せない証拠に、直後に歯磨きで顔を洗ってしまい、ミントの香り立つ女になった……。くそっ、うれしかないよ!

今日は高校の同期会。他にもっと話すことがあったのに。こんなネタになってしもた。これは別の機会に。
[PR]
by Suzie(すぅじぃ) by cafesuzie | 2005-01-22 23:01 | 生活雑事 *
ページトップ
The Original Skin by Sun&Moon