(すぅじぃず・にゅうす)
suziesnews.exblog.jp
Top
<   2005年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧
*
by Suzie(すぅじぃ) *
2005年 11月 20日 *
<女子マラソン>高橋尚子が初優勝、復活果たす 東京国際 | Excite エキサイト : ニュース

東京国際女子マラソンで優勝。おめでとう!すごいね、Qちゃん。これはすごい。

試合前、足の故障で出場さえ危ぶまれていたのに、この復活劇は鮮やか。だって、もう引退かと思っていたくらいなのだから。「オリンピックを目指す」というのは本気なのか、単なるパフォーマンスじゃないのか、と失礼ながら勘ぐりもした。

一度、モチベーションが途切れてしまったら、もう一度同じ状態にもっていくのは、容易ではない。特にスポーツ選手にとっては、気持ちは大切なもの。

この復活劇は、「もう一度走りたい」「このままでは終われない」という強い精神力あってこそ。努力はもちろんだが、一番の勝因はこれに尽きるのはないかと思う。

といっても、私はレースを見ていた訳ではない。私はマラソンをほとんど見ない人。今日のレースは見てもよかったんだけど、2時間以上も、ただ走っているだけの画面を見るのは、どうも苦痛なのだ。

でも、父がいたら、きっとテレビかじりついていただろうな、とふと思った。あの人、大のマラソン好きで、自分でもようく、いろいろなレースに走りに行っていたから(もちろん、ほのぼの市民マラソンだけど)。

アテネオリンピックの深夜の女子マラソンのレース、病気で体力がなくなっているのに、夜中に起きて必死になって見ていた。昼間ずっとグッタリ寝ていたのに、そんなに好きなのか、と思ったものだ。

きっと、父は今日のQちゃんの復活を喜んでるだろうなと、マラソンとは別の感慨が湧いてしまった。ま、どうでもいいこと、ここはスルーしてね。

でも、Qちゃんはまだ33歳だったのか。スポーツ選手としては、「イイ歳」なのかもしれないが、私から見れば、嫉妬しちゃうくらい若い。引退なんて考えるの、早過ぎる。40歳くらいまで、現役でがんばれ!

[スキン変えてみました]
[PR]
by Suzie(すぅじぃ) by cafesuzie | 2005-11-20 21:09 | スポーツ全般 *
2005年 11月 19日 *
結局、今週いっぱい京都奈良旅行を引きずってしまったが、これで最後なので許して。では、はりきって行きましょう!

粟餅所澤屋
b0037223_2311810.jpg北野天満宮前にある粟餅の店。実はここ前回京都へ来たときに、タイムアウトで、どうしても来られなかったところで、心残りその1である。

やっと来ました。創業天和2年(1682年)という老舗の茶店で、扱うは粟餅きり。テイクアウトもできるが、日持ちは当日のみなので、その場でいただくことにする。

きな粉とこしあんの粟餅。意外と小さい。んっん~、餅には味はないようだが、食感がヤワヤワしてておいしい。こしあんが苦手な私は、きな粉が気にいった。2年越しにありつけた粟餅。かみ締めるようにいただきました。ふ~満足。一皿510円。

少し戻って上七軒を歩く。上七軒とは、天満宮造営のとき、余った木材で7軒の茶店を建てたことに由来するらしい。400mほどの通りに格子造りのお茶屋が並び、粋な風情の町並みが続く。

天神堂のやきもち
b0037223_2325181.jpgその通りを過ぎると、見えるのが、このやきもち屋。今、粟餅を食べて糖分を補給したはずなのに、ひとつくらいならいいっしょ、と餅だけでなく、自分にも甘く、食べ歩き。1個100円のお手ごろ価格。太宰府の梅ヶ枝餅のような素朴な味わい。

喜久屋の栗の子
さらに甘味行脚は続く。今度は喜久屋。ほとんどガイドブックには載ってない。私がネットで見かけて、ぜひ行ってみたいと思った店だ。目指すは、「栗の子」という秋限定の栗とこしあんの茶巾絞りのようなお菓子。

歩くこと20分弱。たどりついたのは……しょぼい町場の和菓子屋だった。なんだ、ここかよ、はるばるやってきたのに…。

と思ったが、気を取り直して店へ。店にはオバちゃん一人。「いつ食べるの?」、「今日の夜」というと、「じゃ、ドライアイス入れとくから、50円ね」と有無をいわさず、巨大ドライアイスを入れられ、包み始める。と、そこへおじちゃん登場。

「わたしゃ、傷痍軍人だったんだよ」と何の前フリもなく、いきなりディープな身の上話をはじめる。え、何? 「パラオ(グアムだったか?)へ行ってたんだよ」。 ううう~どう対処していいかわからず、しばしフリーズ。

しばらく聞いていたら、ようやくお菓子の話に。
「丹波の栗を使っているから、全然儲からないんだよ。日持ちはしないから、明日の午前中までに食べてね。新幹線の網棚に乗せるのもご法度。鮮度が命なんだから」と、細かくご指導を受けた。それだけこのお菓子を大切にしているのだろう。

b0037223_2333954.jpg新幹線の中で、パクついたら、栗の香りがうわ~と口の中にあふれ、栗の濃ゆ~い味がした。確かに次の日食べたら、風味は落ちていたので、オジちゃんが、鮮度にこだわる理由に納得。

他のお菓子はどうなんだろう? オジちゃんたちのキャラに圧倒されて、他のものに目が入らなかったな。気取った老舗とは違う、庶民的なおもしろい店でした。10個入り1980円。

オ・グルニエ・ドール
ここも前回行けなかった心残りその2。神戸のアラン・シャペルのパティシエを勤めたシェフの店。その名前は東京までも轟いていて、今度こそ絶対行きたいと思っていた。

とてもわかりにくい場所にあった。狭い店内は女性客でごった返していて、買うのもひと苦労。谷中のパティシエ・イナムラ・ショウゾウ状態。イートインするほど時間がないので、テイクアウトに。しかし、そうなると焼き菓子しかチョイスできない。ちょっとつら…。

かなり迷って、リンツァートルテとリンゴのタルトにする。これは自宅に帰ってから、試食。

b0037223_2363057.jpg手前がリンツァートルテ。フランボワーズのジャムがたっぷり入り、シナモンやナツメグなどのスパイスがアクセントの焼き菓子。ウィーン近郊のリンツという町の銘菓です。

うう~む、これメチャクチャ旨いです!

続いて翌朝、リンゴのタルト。これも旨い! ああ、グルニエ・ドール、やっぱり噂にたがわぬ店でした。今度はぜひ生菓子を食べたいな。リンツァートルテ380円、リンゴのタルト310円。

いやあ~1回の旅行で、髄分引っ張ってしまいました、失礼。しかし、まだ行けなかった店がたくさん。心残りを残しておかないと、次に来る楽しみがなくなるから、これでいい。いや、京都の場合が尽きること、ないんだけど。

また近いうちに京都通いをするかもしれないが、今回はこれにて終了。長い間、お付き合いありがとうございました。

京都(プラス奈良)の甘味、フォ~!

[店データ]
[PR]
by Suzie(すぅじぃ) by cafesuzie | 2005-11-19 21:53 | おやつ *
2005年 11月 18日 *
鹿せんべいって人も食べられる? | Excite エキサイト : ニュース

奈良へ行ってきたばかりで、タイムリーなニュースだったので、TBしてみました。

そう、私も奈良公園でエサをあげている人を見て、「あれ食べられるのかしら?」と疑問に思っていた。

どうも食べられないみたいだな~。いや、食べても害はないらしいが、人間用に作っているわけではないから、味の保証はない。動物には濃い味をつけない方が、いいのだろう。

「風味は少し炭酸せんべいに似ていて、ほのかに甘みもあるが、噛んでいると少し苦みが出てきて、口に米ぬかが残る」

とあるので、なんかまずそう。結局食べない方が無難なようだ。原料は米ヌカなんだね。知らなかった。というか、米ヌカでせんべいがつくれるというのも、初耳だった。

最もせんべいを買う気はしなかったけど。だって、ヤツらいじきたないんだもん。せんべいを持っていると見ると、なくなるまでせびりに来るんだから。

人に慣れきっている鹿くんたち、公園から外へは出ないのだろうか。柵があるわけでなし、道路を越えて民家や商店街に出て行くことはないんだろうか? それも疑問です。

エキブロさん、もう一歩、取材してみて。

[スパムTB喰らう]
[PR]
by Suzie(すぅじぃ) by cafesuzie | 2005-11-18 23:58 | ニュース *
2005年 11月 17日 *
いつまで旅行記やってるんだ。のほほんと旅行記を書いてるうちに、どんどんニュースが入ってくる。サッカー日本代表はアンゴラに辛勝するわ、W杯全出場国は決まるわ、紅白司会にみのもんたが決まるわ(え、みっのー!NHKって、そこまでなりふり構わないのかよ)。

といいたいことはたくさんあるのだが、もう少しだけ、旅行記にお付き合いください。では、また奈良から。

中谷堂のよもぎ餅
b0037223_2318272.jpgバスの中での撮影。皮は薄めで、よもぎの香りがほのかのする。中は大好きな粒あん。オマケに、これまた大好きなきな粉がまぶされている! これ相当おいしいです! 初っ端から、高得点だ~。

時折り店先で、豪快な餅つきが披露される。このパフォーマンス、餅をつくニイさんの掛け合いがおもしろく、テレビでも取り上げられ、ちょっとした名物らしい。ただ、餅つきはあくまでパフォーマンス。いつもは餅つき機が回っているみたい。でも、おいしいので、問題なし。

湖月のみかさ
b0037223_23183963.jpgどら焼きである。いや、関西では「三笠山」という。奈良ではもっぱら「山」が取れて、「みかさ」で通っているようだ。どら焼きを扱う店は多かったが、どこも「みかさ」という表示だった。元どらやきすと(?)たるもの、やっぱり関西のブツもチェックしなきゃね。

これ、でかいです。b0037223_23202918.jpgどのくらいでかいというと、下の写真を見ると、おおよその大きさがつかめるのではないか。隣の小さいのが普通の栗まんじゅうだ。直径16cm、普通のどら焼きが、8~10cm程度だから、倍近くある。店の人によると、6等分して食べるといいそうだ。へっ、6人前!

味はね、皮が問題なのよ。どら焼きって皮って重要なのよ、つうか命よ。これ、甘食なのよ。私の最も苦手なタイプの皮。厚すぎるのも少々不満だし、餡もな……。こればっかりは好みの問題だから、これ以上いうまい。ただ、東京のどら焼きとは、別モノであると付け加えておこう。1個682円(高っ!)。

東大寺境内のみたらしだんご
b0037223_23214540.jpg焼いてるのを見たら、食わずにいられない。餅の形が少々不ぞろいで、いかにも手作り風。みたらしあんはぼってり甘く、ばあちゃんのおやつといった感じの素朴さがいい。

オバちゃんが世間話をしながら、焼いている。「写真撮っていい?」と聞いたら、「顔はダメ」といわれた。はい、個人情報は守ります。

萬々堂通則のぶと饅頭()
b0037223_23223466.jpg店名は「まんまんどうみちのり」と読む。これはかれこれ20年くらい前に奈良に行った時に知ったお菓子。「ぶと」とは春日大社のお供えであった唐菓子のこと。揚げた生地の回りに砂糖がびっしりまぶされている。中はこしあん。要はあんドーナツである。

この砂糖に引く人もいるかもしれないが、くど甘くはない。パサパサしていて、意外とあっさり。軽~い感じ。ふたつは絶対いける。全国区にはならないが、私は好きな饅頭のひとつ。

夕刻、京都へ戻る。

よーじやカフェのカプチーノ
b0037223_2323946.jpg油取り紙の老舗「よーじや」がカフェも出していた。といっても、ワタクシ、Yさんに教えてもらうまで、この店を知りませんでした。京都土産の定番だそうで。

古風な女性の顔がシンボルで、油取り紙にもデザインされているが、なんと、カプチーノにも顔が描かれていた! 笑える! 思わず激写だ。しかし…。

整った顔は時とともに……
[PR]
by Suzie(すぅじぃ) by cafesuzie | 2005-11-17 22:24 | おやつ *
2005年 11月 16日 *
7時起床のはずが、なぜか目覚ましがならずに、20分寝坊。空はど~んより暗く、雨が降りそうな。

ホテルで朝食をすませ、8時40分頃ホテルをチャックアウト。ブッシュ大統領来日で、警備が厳しくなる直前の京都。コインロッカーがこの日から使えなくなり、不便この上ない。荷物はホテルに預けることに。

ホテルを出て、地下鉄で東山へ、青蓮院(しょうれんいん)という寺に向かう。寺選びは同行のYさんにお任せなので、そこがどういうところなのか、さっぱりわかりません。相変わらず無知の極み(汗)。
b0037223_23271617.jpgb0037223_23275981.jpg
紅葉は今ふたつくらいだったけど、優しい風情のある寺院で、好印象。これを書くためにガイドブックを紐解くと、三千院、妙法院と並ぶ天台宗の三門跡寺院で、小堀遠州作の庭園がある、と。この庭は小堀さんの作だったのね。今頃知る愚かな女…。

b0037223_23285538.jpgb0037223_23292529.jpg
お次は、永観堂。京都でも屈指の紅葉の名所とあって、平日というのに大賑わい。

さすがにここは種類が豊富なのか。完全に色づいている木、半分くらいの木、3分くらいの木、全然の木などいろいろ。濃いの薄いのよりどりみどり、正に錦秋の紅葉。
b0037223_2331231.jpgb0037223_23312032.jpg
b0037223_2332851.jpg前回(2年前)、京都へ来たとき、時間が足りなくなり、ここまで足を伸ばせなかったので、2年越しの紅葉狩り。天気がパッとしないので、色鮮やかには見えないが、これでも充分きれい。来られてよかった。

紅葉とともに有名なのが、見返り阿弥陀如来。左後ろを振り返るように首を曲げている珍しい仏像だ。実際見てみると、90度くらいカックリ首を曲げていて、阿弥陀様もさぞや首や肩が凝ってるだろう、とお察し申し上げた。
観光は午前中で終わり。後はどうする? お後は私の出番です。甘味の買い食いに走るのだ。

バスで京都の町を縦断。北野天満宮へ。といっても、この神社が目的でなく、行き先は門前にある粟餅屋。その紹介もあ・と・で(へへ、出し惜しみぃ^^)。

b0037223_23341638.jpgあっちこっち引っ張りまわしているうちに、昼飯の時間がなくなり、錦市場の中の豆腐料理の店、楽水舎へ。豆腐御膳をいただく。豆腐ハンバーグ(また?)に湯豆腐、白和え。この旅、初めての和食で一息つく。

5時のひかりで一路帰途へ。戦利品は明日か? まだまだ引っ張りますぜ。
[PR]
by Suzie(すぅじぃ) by cafesuzie | 2005-11-16 22:41 | 旅・お出かけ *
2005年 11月 15日 *
b0037223_23372235.jpg朝、東京駅8時46分発ののぞみに乗って、はるばる京都へ。でも、京都は素通り。すぐに近鉄特急で奈良へ向かう。今回ツアーをアレンジしてくれたYさんが、かねてより思い入れのある浄瑠璃寺へ行くのだ。

ご朱印集めは好きだが、肝心の社寺仏閣については、ちーと弱い。名前くらいは聞いたことはあるが、浄瑠璃寺がどんな寺なのか、どこにあるのかさっぱり知らない。Yさんの金魚のフンとなって、後ろをくっついていく。おまかせ~^^。

天気は薄曇り。着いたときは晴れていたが、奈良へ入ると、だいぶどんよりしてきた。曇天の下、写真今ひとつです(と予め言い訳しておく(;^。^A)。

浄瑠璃寺は遠い。奈良までは特急で30分ちょっと、快適。しかし、ここからはバス。本数が1時間に2本くらいしか出ていない。足の便の悪~い場所にあるのだ。バスの時間を調べると、まだ時間があるので、その間、奈良の目抜きストリートを歩く。

奈良に来たのは、10年ぶりくらい。前回は吉野に行って、市内には寄らなかったから、前と比べようがないが、奈良好きYさんは、だいぶ垢抜けてきたとの評。

奈良って、空が広い。なぜって、高い建物がないから。建築の高さ制限があるのだろうか? 圧迫されるようなせせこましさがなく、県庁所在地とはいえ、実にの~んびり。

京都からたった30分、同じ古都なのに、京都とは明らかに違うテイスト漂う。なんか、異国なのよ。神戸みたいな西洋の異国情緒ではなく、渡来人つうか、古代人テイストつうか。偉大なる田舎っつうか…。うう~ん、ここから見ると、京都はピッカピカの大都会なのよっ! 

奈良のこのゆるりとした感覚が好きというYさんだが、私もこのゆるさ加減が、心地よかった。ゆるゆるまったりしにくるなら、京都より断然いい。ああ、奈良ってゴムの伸びたパン○のような町だ~!(失礼、褒め言葉です)。窮屈でなく、素肌に優しいという…^^。

あちゃ、奈良市内雑感だけでこんなに書いてしまった。先を急ごう。

お腹の空き具合が微妙だったので、草餅を買い込んでバス中で食べる。買い食いネタは、後でまとめて紹介するのでここでは省略。

b0037223_23382465.jpg浄瑠璃寺行きのバスに乗り、約30分ほどで目的地へ。1時半ごろ着。東京を出てから5時間近く。長旅をした。

バスを降り、寺へ向かう途中にクチナシが実をつけていた。栗きんとんに使う実だ。
b0037223_23403897.jpg
浄瑠璃寺は当尾石仏めぐりの最終目的地、どうりで遠いはずだ。小ぢんまりした楚々とした寺院だった。

紅葉ははっきりいって、真っ盛りとはいいがたい。今月下旬が見頃なのでは。しかし、緑と黄色と橙、赤が混ざり合い、微妙な色の重なり具合がきれい。

ここには重文・吉祥天女像がまつられている。年初と春と秋の期間限定公開の秘仏だ。イラストレーターのみうらじゅん氏は、この秘仏を浄瑠璃寺の「ママ」と呼んでいるらしい。確かにふっくらとした色白なお顔は、美しく艶っぽい。

b0037223_2346293.jpgb0037223_2342365.jpgまたバスに乗って、一路市内へ戻る。しかし、渋滞に巻き込まれ、1時間ほどかかった。その後奈良公園を抜け、東大寺二月堂へ。お水取りの行われるお堂だ。実は私はお水取りに、20年くらい前?に来たことがある。あれはあれで、なかなか貴重な体験だったな。

b0037223_2343686.jpg鹿はエサを持っている人に群がる。発情期とかで、子供が追いかけられていた。集団で向かって来ると怖い。この子はスレンダーで賢そうだが、鈍な感じの鹿くんもいっぱい。鹿愛なしの私(><)。

この後、京都へ戻り、ホテルにチェックイン。ホテルはハートンホテル京都という烏丸御池にあるツーリストホテル。機能的だけど、備品は万全できれいだし快適。結局、昼飯はチョコチョコ買い食いしてて、腹が微妙にくちくなったのでナシだった。今日初めてのまともな食事をしに市内へ。

特に宛てもなく、歩いていたら、見つけた「お肉屋さんのハンバーグ」という特大の看板。なんなんだろうと、2人して妙に呼ばれて入ってしまった。メニューはハンバーグのみ。ハンバーグの味ってよくわからんが、なかなかいける。

b0037223_23434468.jpg肉屋さんのレストランではなく、オーナーが肉屋と知り合いで、仕入れているんだとか。そのときは「ふ~ん」と思ったが、よ~く考えると、どの店でも肉は肉屋から仕入れるよな。ま、いったもん勝ちってとこか。

ちなみに「お肉屋さんのハンバーグ」(げっ、ぐるなびに載っていたぜ)というのは、キャッチコピーでなく、まんま店の名前だそうで。しかし、なんで京都へ来て、ハンバーグかね。深く考えないでほしい。な~んも考えてないんだから。

お茶でも飲もうと、(決してお酒を飲もうではない)町をフラフラ。「よーじや」という油取り紙の店をご存知でしょうか? その店がやっているカフェをに入った。おもしろいカプチーノを注文。これも後でご紹介。

ホテルへ戻って、携帯でブログを送って就寝。京都編はまた明日。出し惜しみしてどうする?
[PR]
by Suzie(すぅじぃ) by cafesuzie | 2005-11-15 21:46 | 旅・お出かけ *
2005年 11月 14日 *
b0037223_23491873.jpgもう帰ってきました。短かったけど、盛りだくさんで忙しいツアーでした。写真は紅葉の名所、永観堂です。

しかし、帰ってくると、留守電がいっぱい。もちろん、留守電は携帯に転送されるから、大方のことはわかっていたけど、ちょっとうんざり。

普段電話なんてあまりかかってこないのに、なんでいない日に限って、狙い撃ちされるんだろう。ああ、マーフィの法則。

おかげで帰るなり、トラブル処理。楽しかった気分が、ちょっぴりすぼんだ。仕事だから仕方ないけど。

んな訳で(とゆうか今日はメンドイ)、京都奈良ツアーは、写真と共に明日以降にアップします。
[PR]
by Suzie(すぅじぃ) by cafesuzie | 2005-11-14 23:58 | 旅・お出かけ *
2005年 11月 13日 *
b0037223_2118214.jpg京都駅から近鉄特急で、奈良に出た。奈良に来たのは10年ぶりくらい。バスに乗って浄瑠璃寺へ。

紅葉はほどほど、きれい。奈良公園の鹿は相変わらずいじきたない。

京都に戻って晩飯。明日は市内周り。では。
[PR]
by Suzie(すぅじぃ) by cafesuzie | 2005-11-13 21:18 | 旅・お出かけ *
2005年 11月 12日 *
町田女子高生殺人事件の顛末には驚かされた。犯人の少年、今頃自分の愚かさに気づいているのだろうか。どうして、最後の最後まで行かないと、わからないのか。いや、気付いてくれれば、マシな方か。こんなことで人を殺すな。

ちょっと、昨日の総括をして、今日は軽いエントリで。

<木枯らし1号>東京地方に昨年より1日早く | Excite エキサイト : ニュース

木枯らしが吹いた? そういえば、外へ出たとき風が強かったが、木枯らしという気はしなかった。全然寒くなかったもの。気温も平年より高かったそうだし、拍子抜けの木枯らし第1号でした。

去年より1日早い木枯らしということは、今年の冬は、寒いのか? でも、今日のようすだと、どうも暖冬くさいな。先週でかいゴキブリを発見したし(夏の間は見なかったのに)、網戸にハエも止まっていた。

立冬も過ぎ、木枯らしが吹いて、冬本番を迎えるはずなのに、毎日小春日和。いったい、今季節は何なのか? 夏秋?小秋? 不思議な秋です。

明日、明後日と紅葉を見に遠出します。久々のお出かけ、楽しみ~(*^^*)。
[PR]
by Suzie(すぅじぃ) by cafesuzie | 2005-11-12 23:24 | 天気・自然 *
2005年 11月 11日 *
<町田女子高生殺人>学校で自宅の鍵入りバッグ盗まれる | Excite エキサイト : ニュース

怖いねえ。この事件。読者モデルとして、雑誌に載ったこともあるくらいの可愛い子だから、ストーカーのような人物がいたのか? それとも、何かこの子に隠された背景でもあったのか?

カバンを盗まれていたということは、計画的なのか? たまたま盗んだカバンが、彼女のものだったのか? 鍵を盗まれ、怖がっているのに、生活のためとはいえ、母親は深夜働きに行かなくてはならなかったのか。なんとか、守る術はなかったのか。

たくさん「?」が出てくる謎だらけの事件だ。

近所の人、悲鳴や物音を聞いていたみたいだが、周囲の人はヘンだと思わなかったのか。母親が帰ってくるまで、発見されなかったというから、誰も警察に通報しなかったのだろう。関わりになるのを、恐れたのか。これが今時の団地住まいの意識ってこと?

思い出した。心理学で集団心理を勉強するとき、必ず引き合いに出される有名な事件。

例によって若年性アルツなんで、詳細は忘れてしまったが、アメリカの閑静な住宅地で、深夜レイプ事件が起きた。周囲の人(確か何十世帯もあった)は皆、彼女の悲鳴を聞いていたのに、だれも通報しなかった。皆だれかが通報しただろうと思い込んで、何もしなかったのだ。その結果、被害者は殺されてしまった――。

これに似ているのかも。誰かがするだろうという他人任せの集団心理。全員が感染してしまったかのような思い込み。ここの住人がそうだという訳ではないが、「お節介」という言葉が少々懐かしい。

でも、たったの15歳、あまりにも早くムリヤリ人生を閉じさせられ、言葉もない。早く犯人が検挙されますように。お悔やみ申し上げます。

お~っと、急展開!
今(0時30分)ニュースを聞いていたら、同じ学校同学年の16歳の少年に逮捕状が出たと。真相解明は明日に?
[PR]
by Suzie(すぅじぃ) by cafesuzie | 2005-11-11 22:30 | ニュース *
ページトップ
The Original Skin by Sun&Moon