(すぅじぃず・にゅうす)
suziesnews.exblog.jp
Top
2004年 10月 06日 *
あ~晴れた晴れた。やっぱり秋晴れは気持ちい~ねぇ。

晴れれば昨夜の悪夢はなかったかのような気になってくる。今日は夕刻叔母が来るので、病院はそのときに。それまではジムショで仕事。

そういえば、引越しの挨拶状も名刺もまだつくってない。名刺なんざ、旧住所仕様のが、まだ100枚以上残っている! 

もったいない。なので、しばらくは手書きで修正して、急場をしのぎたい。いよいよみっともないな、と観念したら、つくり直すつもりだ。

しかし、挨拶状は早々につくらないといけない。定期的に送ってもらっていた雑誌が届かないのだ。

郵便物は転送してもらっているが、送本は郵便局経由でないので、転送されないらしいのだ。今月のd誌、お米特集なのに見られないよ。

昼過ぎ、昼飯を買いに外へ。いつも根津方面へ向かって攻めているが、今日は谷中方面に行ってみる。谷中銀座まで歩いていける範囲だ。

この商店街はなかなか楽しい。惣菜店いっぱいで、さながらおかず横丁の様相。

これなら、管理人の部屋の貧しいキッチン事情でも、十分生きていけるぜ。ここに来れば、なんら食うものに困らない。管理人喜ぶ(^o^)。


夕方叔母と一緒に病院へ。父は昨夜は39度近い熱があったが、今日は37度台まで下がったようだ。よかった。

しかし、「どお?」と叔母が聞くと、目をつぶったまま「具合悪い」の一言。痰がすごい。苦しそうだ。また主治医を呼び出し、話を聞く。

昨日はあまりの急変ぶりに、正直いうと、主治医の前でも不覚にも涙を流してしまったのだが、今日は落ち着いて聞けた。昨日より幾分症状は緩和されたという。引き続き、このまま治療をするとか。

結局緩和ケア病院の入院の申請は見送り。だって、申請したって、1、2ヶ月待たないと入院できないわけで、今の父の容態では、そんな先のことまで考えられないし、第一これじゃ搬送もできない。

話を聞いて病室に戻ると、珍しく義兄も顔を見せていた。家族の人数が増えて、安心したのか。来た時よりも元気が出てきて、目もパッチリ開けて、話すようになった。

寝ているだけの人を見舞ったって、意味がないと思いがちだが、どうもそうではないらしい。病人にとって、家族の見舞い多少なりとも力になるようだ。ちょっと安心したところで、それぞれが帰宅の途についた。

でも、こんなことがこれから何度も繰り返されるらしい。覚悟しておかねば。

なんだか、こんな身内の暗い話ばっかり書いていていいのかな。もっと楽しいネタはないのか。明日は考えよう。

キャッ、地震だっ!
[PR]
by Suzie(すぅじぃ) # by cafesuzie | 2004-10-06 23:45 | 健康・医療 *
ページトップ
The Original Skin by Sun&Moon